『ハースストーン』Zetalot式マリゴスヴェレン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

今期はZetalot氏もかなり苦戦しているようです。

そんななか6/4に見せたマリゴスヴェレンデッキをご紹介。また楽しいデッキを作ってくれました!

デッキ紹介(その1)

その1としているのは途中入れ替えがあるためです。

縦長!「マリゴス」以外のカードはプリーストで構成されています。

ミニオンは「マリゴス」と「預言者ヴェレン」のみです。

この2枚で火力を倍にして相手を倒します。

上手くOTKで倒せることはありませんが豊富な火力により本来厳しいマッチアップのローグへも十分戦えるようです。

基本的な動き

どうにかして7マナ到達時までに「預言者ヴェレン」か「マリゴス」を場に召喚します。その方法は以下。

①7マナ到達時に「預言者ヴェレン」を手札から出す。

②「影の真髄」によりデッキから強引に召喚する。

場に出たこれらのミニオンは当然すぐに倒されてしまいますが、4マナの「永劫の隷属」によりまた場に召喚。

ともに軽いスペルを打ちます。たとえば相手の場にミニオンがたくさんいたら「霊魂鞭打」などです。

このスペルを打つとライフはほぼ全回復できます。

何度倒されても「永劫の隷属」や「ダイヤモンドの小呪文石」により場へ戻るのは恐怖です。

相手からカードをコピー

最初リストを見たとき、これらのカードは必要なのか?と思いました。

必要でした。このカードのおかげでローグと渡れるようです。

豊富なバウンスや除去カードをコピーできるんですね。

しかも軽いカードが多いので「ドラゴンソウル」のエサにもなっております。

ドラゴンソウル!

フィニッシャーとはいえませんがかなりいい仕事をしていました。

ネタ枠だと思っていましたがそんなことはなかった。

残念ながらローグへは無力でしたがそれ以外の相手には効果的なようです。

ただ、作りたくねぇ!

デッキ紹介(その2)

下の隠れている部分は「影刈アンドゥイン」です。

途中ローグに手も足も出ない試合があって怒りの変更です。

沈黙」と「ダイヤモンドの小呪文石」からそれぞれ1枚ずつを「ホーリーノヴァ」2枚に変更。

どちらも2枚は要らん!と。

まとめ

やっぱりZetalotいいわ~。見ていて楽しいです。

観客を楽しませるデッキで結果を残す、まさにプロのあるべき姿だと思います。

ただ勝つだけなら強いアマチュアでもできてしまいますからね。

観客を楽しませる試合、こだわりをもった姿はかっこいいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。