『ドラクエライバルズ』闘技場での勝ち方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

挑発的なタイトルや文章でも読者は増えないので疲れますし戻しました。

今回は闘技場での勝ち方です。闘技場は実力が色濃くでますね

闘技場は運か?

色濃く実力です。運と言ってるうちは勝てません。

強いて言うなら最初の職業選択がトルネコ、ククール、ピサロのときは運がない。

それ以外であれば10勝狙えます。楽な職業順は

ゼシカ=テリー>アリーナ>ミネア>他

という感じ。ゼシカを使う際は間違っても氷塊に傾倒しないように。

トルネコはお勧めしません。第3弾から複数処理が楽です。

闘技場において「もみじこぞう」はもはや過去の遺物なので過信しないように。

点数表を作る

カードゲームにはリミテッドといってパックから出たカードでデッキを組むフォーマットがあります。

ゲームによってはこのリミテッド専用のプロもいます。

そういう上位プレイヤーが行っているのがリミテ専用のカード点数表を作ることです。

絶対になんとなくでピックはしませんしそのカードがどうして決められたプールのなかでピックされ強いのか理屈をもっています。

点数表ですが大手のサイトにあるのは全くあてになりません。

この闘技場の環境でゼシカで「フローラ」の点数低いとかありえねぇ。私の中では9.5あります。

大体の場合闘技場は0勝リタイアしていましたがブログのネタのために真面目に取り組んだ。超疲れた。

あ、点数表は公表しません。ぶっちゃけラダーのデッキ紹介とはわけが違う。

今回10勝したデッキ

大手サイトでは点数がイマイチなカードのオンパレードですね。

闘技場とラダーではカードの価値はガラリと変わります

ピックによっても点数が変わります。相互性のあるカードをピックできれば点数が上がるということ。

価値が変わるということは戦い方も少し変わります(少しかよ)。

職業のコンセプトにいかに逆らわず、流れに任せるか。たとえばゼシカなら持ち味の算数。

算数(計算ではなく)を狂わせられなければ勝てますよね。

余談ですがゼシカで大事なのは直接火力よりもユニットの持つステルスです。

あと全てのカードを思い通りにピックで固めることはできません。

30枚のうち15枚をピックできれば御の字。

プレイングに関しては普段から考えてラダー用のデッキを組んだり(オリジナルではなく参考元があるにしてもただ真似るのではなく)もしミスをしてもだったらどうすれば最善だったのかを考えていけば減ります。

ケアレスミスは仕方がない。テンション上げたつもりがうっかりしていたり。ケアレスミスほど治らない。



まとめ

おまけとして今回もらったチケットからまさかのレジェンド2枚!

大変な思いして点数表作ったのが報われました。

どのカードゲームにも運の作用はありますが、もしいつも勝てずにいるのならそれはその時点での実力です。

勉強すれば必ず強くなれます。なんとなくでプレイしているうちは成長も遅いです。

結局はカードゲームも他の対戦ゲームと同じなんですよね。

カード揃えば強くなった気にはなれますが。

最後までお読みいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。