『ハースストーン』対偶数パラディンまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

今回で偶数パラディンの特集は最後になります。寂しいね。

実際に使って厳しかったデッキタイプ

最初に私が実際に偶数パラディンを使い対戦したなかで厳しかった相手TOP3です。

もし「何が何でも偶数パラディンに勝ちたい」や「自分は偶数パラディンに親を殺された」というプレイヤーはこのなかのどれかを使うことをお勧めします。

キューブロック

ぶっちぎりで一番厳しいのはこちら。キューブロックです。

キューブロック側がミスをしなければほぼ勝てるマッチアップではないでしょうか。

何がきついって行動の全てが偶数パラ側にとって強力な圧力となるところ。

除去はもちろんですが、回復、コストの踏み倒しで出る硬いミニオン「ヴォイドロード」やコスト軽減で出る「山の巨人」ですね。

巨人も案外馬鹿にならない。

盤面の巻き返しに非常に長けたキューブロックと盤面の巻き返しは事実上不可能な偶数パラでは相性最悪でしょう。

このデッキを使う点での問題点はズバリ、資産力。これに尽きます。

投入カードにレジェンドカードが多い。しかも替えが利かない。

初心者にはなかなか敷居が高いかなと思われます。

しかし!そろえることができて偶数パラに勝ちたいなら使うべきでしょう。

他にも有利を取れたり不利なはずの相手にも勝てたりします。もう、わけわからん。

奇数コントロール(急襲)ウォリアー

二つ目がこちら。コントロールウォリアーです。

とにかく硬い。きちんと除去も持っております。さらに追い風となるのが今回の新弾で追加された急襲能力。

偶数パラ側はそれぞれのミニオン自体は小粒です。毎ターン出るとはいえ1/1です。

急襲はミニオン自身が除去として機能します。これが強い。

そのエンジンとなる「お触れ役」。

書いてあることは地味ながらもカードゲームにおいて狙ったカードを引っ張れるのは非常に強力です。

確定サーチとまではいきませんがどの急襲が来ても偶数パラ側には辛い展開となります。

このデッキの問題点はキューブロックと同じく資産です。

レジェンドカードがキューブロックのときより多い。初心者にはまったく優しくありません。

しかしこちらは代用ができるものもありそう。

必須レジェンドカードは「ダリアス・クロウリー」くらいではないでしょうか。

相手のミニオンを倒すごとに成長していくというのは、対策が遅れると偶数パラに限らず相手をする側は悪夢です。

もうひとつの問題はTier1の一角、キューブロックがきつそうです。

ここでもキューブロックは環境を圧巻しているのがわかります。

コントロールプリースト

最後の3つ目。コントロールプリーストです。

ただ私自身、偶数パラを使って何度か対戦しましたが負けてないんですよね。

ハースストーンでもっとも長く使っているのがプリーストなので、動きが具体的にわかるためかもしれません。

しかし、世間ではガン有利といわれています。

YouTubeでもサムネで「パラディンに有利」といったものを見かけます。

私よりも何倍も上手い先人がそういうならそうなのでしょう。

偶数パラからの対コンプリ

偶数パラ側が最初に意識することとしては、マリガンです。

相手が複数枚マリガンしたら序盤から思い切った展開、マリガンしなかったら小出し。

全力で「ダスクブレイカー」を探しにいくコンプリ側の行動を読めればだいぶ楽になります。

なお偶数パラは「動員」を探します。



まとめ

前回の記事の焼き直しみたいな内容になっちまったな。

こうして見てくると、全体除去を複数枚積めるデッキが強力なアンチとなります。

当然といえば当然なのですが、奇数偶数を優先するあまりこの点が隠れてしまい勝ちですね。

挑発ミニオンを並べるのは「平等」を持つ偶数パラには対策としては弱いので、やはり除去をお勧めします。

私が愛する性悪プリーストはこの除去の面で弱いということが、今回の検証でわかりました。

もし性悪プリーストで戦い抜くなら急襲能力を持つミニオンを増やす、というのが選択肢となりそうです。

次回はこれら検証で得たことを活かした性悪プリーストを考えていければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。