『ウォーブレ』エス・シミュレーション!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

今回はウォーブレで登場したリアニメイトカード、「エス・シミュレーション」について。

エス・シミュレーションとは

ニュートラルのスペルで5コスト。

ゲーム開始時に全ての学問がデッキに入っていたらコストは3になります。

あなたの墓地にあるこのカードを使用するためのコスト以下の中で最も大きいコストのユニットをランダムに1体場に戻し、そのユニットのコスト分のダメージを与えられます。

パッとみただけでは理解が難しい、かもしれない。

要は全ての学問カードを入れなければ墓地の5コスト以下のユニットを場に戻してそのユニットのコスト分のダメージをくらう、ということです。

すべての学問が入っていれば復活できるユニットは3コストがマックスになる。

だったら全ての学問を入れないほうがむしろ強くないか?というのが第一印象。

5点ダメージを与えられてもコスト5のユニットを戻すほうが場は強い。

何を戻すか

コスト5以下のユニットで強いもの。

マグナ編

真っ先に思いついたのは「青の超越者オズワルド」でした。

ログイン能力は誘発しないので「スペルや能力の対象にならない」という能力は付与されません。

しかし、ソウル分によるダメージの応酬やオズワルド自身がダメージをソウルに変換できる能力は付与されます。

倒しても倒しても復活するオズワルドとか恐怖でしかない。

タオシン編

次に思いついたのはダメージを任意に受けることができるのでタオシンの「闇黒大剣シン」です。

闇黒大剣シン」はログインで4点ダメージを受け、+0/+2修正されます。

また、ダメージを受けていない限りガーディアンを持ちます。

普通に出せば自分プレイヤーに4点ダメージを与える3/5ガーディアン。

もし、「エス・シミュレーション」で場に戻せば3/3ガーディアンです。

あれ?弱い。

シェド編

ウホウホでしょう。

メモリーセーブで次々と能力を手に入れるこのゴリはなかなかウザイ。

ログインが絡まないのも好材料ですね。

天空神デッキに忍ばせておくと楽しそうですウホ。

でも天空神自体が今ひとつ残念なのが悲しい。

ラピス編

ラピスは候補の層が分厚いです。

風村の豪象腕バルビー」や「汎用性調査機TENTEI」、4コストにも「風村の雷猫ケヤキ」がいます。

ここに挙げなかったユニットにも魅力的なものは多いです。

デッキコンセプトから考えると「汎用性調査機TENTEI」が面白そう。

新種族ソルジャーズが場に居れば相手のソウルは空になるでしょう。

もしソルジャーズが居なければ、TENTEIをコントロールしているプレイヤーは倒されるでしょう。

非常にリスキー。だが、そこがいい。

ユニオン編

ユニオンには残念ながらこれといっていません。

その多くがログインに強力なものが多く、場に居ることでメリットを見出せるユニットがいない。

復活のスライム」くらいですが、これ出したところで…。

それに今のユニオンは「希望の使徒イム」メインが多いはず。

リアニメイトそのものにメリットが薄いと思われます。

任意のユニットをデッキから捨て札に持ってこられたら可能性はありますが…。

ユニオンはユニットでのぶつかり合いとは違うところでの勝負になりますし、相性が悪そうです。



まとめ

今はずっとシェドのデッキを考えています。

マグナはあまりに強すぎて、誰がどう作っても、使っても強い。

だから「覚醒妖姫モニー」はダメだと発表時にあれほど。

この手のゲームでの資源ロックは絶対にダメ。

今コスト10ですが、これ12になっても十分強いしどう調整するんだろう。

モニーはこちらが運よく低コストで効果を消すカードを握っていても先行は相手のままなんですよね。

モニーを出すということは盤面はマグナでしょうし、出された相手は事実上のスキップです。

じゃあどうするのか。出される前に勝つ!だとそれもう影の国ですし。

メタの中心はイム&モニー。

イムを問題なく除去できるのがマグナっていうのも拍車をかけている。

最後までお読みいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。