しまった、ネタがないからブログのあれこれや思うこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

結構毒吐いてるので嫌なら今回は回避してください。

前書き

回避しろって書いたのに読むのはなかなかの勇者。

オブラートに包むことなくストレートに書くからそれに対しての不満を私に言われても困りますよ。

ネタがない

ネタがないことをネタにするほどネタがありません。

これはゆゆしきです。

いやいや、ネタがないわけではないのです。あるのです。ちょーあるのです。

ただ、私もいくつかDCG関連のブログやサイトを拝見しているのですが、記事の内容は基本勝利につながるようなことなんですね。

たとえば「○○を使って13連勝!」とか。

その手の記事が多いということは、その手の記事が求められているということでもある。

そういったネタは今のところないし(COJポケットなら少し前に紹介した)、仮にどんなに書いても評価されることはないから書くだけむなしい。

たとえばCOJポケットならジョーカーランクになるのは難しいことではないけれど、ジョーカーランクの価値が報酬にしか見出せず、順位をあげる楽しみも感じません。

ガチデッキでプレイして一度も負けずにACEの最初からジョーカーランクになったんだから嘘ではない。

そのため月末まではファンデッキで遊んだり、初心者の方に提案するデッキやプレイングを考えるというスタンスです。

面白いギミックを作れるだけのカードはリリースされていますからね。

ただ、初心者向けの記事を書いても私の場合「こういうのが読みたかった」とか言われません。

たとえば珍獣対策なんて何回取り上げたテーマでしょうか。

ツイッター上には珍獣への不満が溢れていましたが「こういうのが読みたかった」とは言われなかったな。

珍獣は強いし完璧に回られると対処できませんし、私も好きではないデッキですが「どうにもならない」というわけではありません。

このときの記事は珍獣デッキに困っているプレイヤーが多いという側面と、対策された珍獣デッキプレイヤー(最近珍獣はじめました、というプレイヤー)に手の内を見せるという二つの側面がありました。

特にCOJポケットを始めたばかりのプレイヤーは珍獣に当たると困るだろなとも思ったんですね。

最近はやる気も減った

ちょっと前にいろいろあって書く気がなくなりつつあるのが本音です。

それ以来ツイッターのTLは極力見ないようにしています。

辛いですからね。COJポケットやフォロワーさんに限ったことではないけれど、以前私が書いた内容に似た記事でいいねとかリツイートが30とかのほかの人の見るの。

その記事を書いた人に対して気持ちがどうのとかはありません。

記事なんて似たものになるのは当たり前ですし。なんていうのかな。

結局読者は内容よりも書いた人が重要なのか?と思うと「え~っ」とはなるんですよ。

そこでそのゲームのブログの第一人者、みたいなコメントを見つけるともう。

ゲームのブログの第一人者って何?それ書かれると他の人が記事書きにくくなるんですよ。

先輩後輩がない横並びでやってる趣味の世界に第一人者もなにもないのに、そういうコメントがあるだけで他の人が書く記事に価値がなくなるんですね。

もうツイッターを思い切って辞めてしまおうか、とも考えています。

わずかながらですがいただける自分の感想を聞けなくなるのは残念ですが、他の人のこういうの見なくて良くなりますし。

ほぼ日刊で書くこと

ほぼ何かしらのゲームの記事を日刊で書くというのは本当に、自分で言うのもなんですが大変です。

ゲームのためにブログをやってるのか、ブログのためにゲームをやってるのかわからなくなるときがあります。

仕事でもなんでもない、あえて分類するならば同人活動に属すると思われます。

別に誰かに強制されているわけでもなし。

だったら何で書いているのかといえば読者のみなさんの反応。これだけです。

たまにいただけるコメントですよね。もちろんプラスの。

同人活動を趣味でされている方も同じではないでしょうか。

島サークルで売り上げなんて全然だけれど交流やおもしろかったよっていう感想が楽しいから同人活動を続けている、というのと。

同人サークルに直接「このサークルの本はダメ」なんてコミケで言う人いないでしょ。たぶん。

コミケ行ったことないから実際のところは分かりませんけれど。

あと、私も広告収入なんてほとんどないんですよ。

あまり詳しくは書いてはいけないらしいのですが、例えるなら月に300ページのラノベ1冊分くらい。

これも維持費に消えます。赤字。

やきもきして赤字を出してまで評価を気にしてブログを書くのはもはや馬鹿なのではないか?と、われ、今思う。

動画を辞めた理由

COJポケットは参考動画をたまに上げていますが編集はほとんどしていません。

本当にそういう動きになるのか、検証結果のつもりで上げています。

以前は違うDCGでゆっくり実況をつけたものをあげていました。

もうね、プレミの指摘が半分です。

それ以降プレミの指摘が怖くてあげていません。

ただ、上手いとされているプレイヤーにだと指摘する人が現れないんですね。これ不思議。

DCGはプレミの指摘が他のゲームよりも多いな、という印象です。

余談で大昔、某格闘ゲームを初心者のとき上げていたのですが応援系コメントが多かった。

DCGは負けるのが嫌とかではなくてゲームするのが怖くなるときがある。

ブログもそうで、書き上げてアップするのが怖いときがあります。

困る反応としては、たとえば強い部分ばかりで弱いところの記述がない、というもの。

ゲーム開始して間もない初心者のファーストインプレッションにそれを求めるのかと。



まとめ

いろいろ書いちゃったよ。

実はこの3日間、書き上げてあげていない記事がいくつもある。

サヴァスロは折角無課金で、アドバンスのLEやバハムートを使うことなく1750レートに昇格できたから急遽書き上げてあげました。

こういうのは完全に私事ブログだから怖くないんですね。

今日、夕飯は一蘭でした、くらいの日常的な内容ですから。

強いていうなら、この手のゲームは完全初心者で、さらに無課金でも負けを重ねて試行錯誤すればこのゲームは1750までは来ることができる!という証明にはなったかな?というくらい。

サヴァスロは検索で来ていただく方が多いです。

アンテナサイトもないし、そもそもカードプール的にもブログに需要はなさそうなんですよね。

でもでも、1750までは努力で到達できるみたいです。

今後

どうしましょうね。今回の記事は確実に私の今後の活動を制限してしまう。

でもな、上手い人の記事にしか需要がないなら気にする必要ないか。

たとえるなら、DCG業界のせんとすさんになりたかった、というのが実はあります。

せんとすさんは当時、ニコニコ動画で主に某格闘ゲームを実況していました。

私が格闘ゲームを始めたきっかけも、氏の動画を拝見して面白そうだったからなんですよ。

DCGも以前よりは敷居が下がったとはいえ他のジャンルに比べれば高いですし、その窓口的なものにね。

今後も初心者~中級者を目指す初級者のプレイヤーメインに対策やデッキ構築について。

あとはファンデッキやギミック。あくまでこれらが中心。

追加として弱い人と思われると需要がなくなるらしいからたまにガチで行く。

COJポケットはすごく癇に障ったから実験もかねてガチデッキを使いました。

このときは強くて嫌われているカードだろうと何だろうと使う。そんな感じでしょうか。

こんなところで。最後まで読んじゃったか。こりゃ大変。

サーヴァント オブ スローンズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。