『COJポケット』加護ハンデスかんせ~い(ゴロリさん風)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

今回は前回から引き続き加護ハンデスについてです。

自由枠もありますし完成度も高いのではないかと自画自賛してみたり。

デッキ紹介

前回は案件の段階で検証していませんでした。

今回は簡単にですが検証してカードを組み替えた結果です。

画像をみていただくと分かるとおり、OP1以上ですが自由枠があります。

ここはメタ次第。使用者なりにチューンできる部分です。

すでに他の37枚で完成されているため(自分で言うか)、本当にメタ次第。

好きなカードを入れていい部分です。

たとえば今回追加された新PRカード「次元トラベラーかぐや」を入れても良いんじゃないかなと思います。

このデッキは先手よりも後手が強いので、かぐやを入れることで強制的に後手へ回ることも可能です。

ジュリエットが持ってくる「チェックメイト

ジュリエット・R」が能力で持ってくる「チェックトメイト」が非常にエグイです。

何せこちらは手札を失うことなく「チェックメイト」を引っ張ってくることが出来ます。

場からユニットは減りますが、破壊対象にされる味方ユニットは多くの場合「不死魔導士ミザリィ」「ミイラくん」「ファンガスガール」で最悪「ミューズ」になるので、デメリットらしいデメリットがありません。

むしろ相手が速攻タイプでなければ「ミューズ」破壊して「ジュリエット・R」を引っ張ってくるのもかなり強い動きでした。

それらで持ってくるのが「チェックメイト」です。弱いわけがない。

チェックメイトの使い方

出来れば2枚以上デッキから「チェックメイト」を引っ張ってきて1回の攻撃が通ったら一気に使いたい。

1枚ずつ使うのではなくて1度に2枚以上。1枚ハンデスというのはそんなに強くないです。

一気に2枚捨てろといわれると計算が狂います。「アンフェア・タックス」がそうですよね。

相手手札に影響されずに発動できる「アンフェア・タックス」と考えるとどうでしょうか。

セイクリッドフィールド+ジュリエットorウォレス

セイクリッドフィールド」で加護を与えると自身のユニットを破壊対象に選べないので、不自由するかと思いました。

使ってみたところ、そんなことはなかった。というか相性良いです。

破壊したくない、場からユニットを減らしたくないときにジョーカーを使うという目的もあるので、相手に左右されることなくジョーカーの強みを出せます。

味方ユニットを強化するタイプのジョーカーは相手によって効果の強弱が出てきますが、そのの部分を薄くすることが出来ます。



まとめ

今期のハンデスはこれで完成かな、と思われます。

結局のところガチデッキの派生なので使っていて飽きた、というのが本音。

レートをひたすらあげるのが目的ならこのデッキを使いますが、目的がそれではないので他のデッキへ。

最後までお読みいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。