『COJポケット』検索に「加護 ハンデス」が多いので

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

当ブログへ検索でお越しいただいている方に「ハンデス 加護」や「盗賊 加護」が多いです。

以前に盗賊デッキは検証経験がありますが、偉人EXパックリリース前のことなので改めて見ていきたいと思います。

組む上で入れたいアドバンテージカード

ハンデスだけだと攻め切れないことがあります。

どうしてもソース・リソースが欲しい。

前回は「南風のニンリル」でアドバンテージを稼げるようにしておりました。

今回はハンデスらしく青のユニット「ヒュプノス」を採用してみました。

リソースだけではなく、レベル3時にハンデスすると敵を1体選んで破壊できます。

ヒュプノス」がレベル3になることは今回のデッキではまずないのでおまけ程度になってしまうのが玉にキズ。

加護ハンデスデッキ

ガチデッキを土台にしました。

上記のデッキはまだ未検証です。土台とするならこんな感じなのかな、というイメージ映像(えろい)。

偉人パック追加でガラリと変わったと思われます。

盗賊は今回不採用。メリットを感じない。

ハンデスは「ミイラくん」と「ファフニール」、「チェックメイト」にお任せ。

ユニットハンデスは破壊時に誘発しますがそれは「ジュリエット・R」で出来ます。

やはりこのカードはリリースしてはいけなかったと思う、というくらい強いです。

できれば「甘露なる苦汁」を1枚入れたいところ。

チェックメイト」が3枚不要ならその枠になるのかな?

注意点

加護を与えると自分プレイヤーもユニットを対象にできません。

そのためたとえば「ミイラくん」に加護を与えると「ジュリエット・R」の効果対象に選ぶことが出来ません。

これを逆に利用して場のユニットを保つことも出来ますが、このデッキではデメリットのほうが強そうです。

しかし、緑の2体「ミューズ」と「ユグドラシル」には加護がついたほうが絶対に間違いなく強い。

使いどころ、考えさせられそうです。

ヒュプノス腐りそう

できれば他のカード、3コスト帯ではないところでアドバンテージを得たいんですよね。

それかアドバンテージを切って緑の2コストユニット。ただし「圧殺のタウロス」以外で。

ハンデスはもう足りているので他のカードで考えることができます。

鼓舞の精ノーム」かな~。現状このユニットが活かせる盤面が限定的過ぎるんですよね。

むしろ「ヘイムダル」の破壊圏内に自らなってしまうのでおいしくない。

魅惑のテレス」とか?今、こっそり考えているテレスデッキにハンデスを加える形になる。



まとめ

印象としてですが…。

加護ハンデス系統のデッキは上からの衝撃には強い一方で横からのくすぐりには弱いです。

そこをクリアできれば常勝デッキに上がることができる…のかな?

エリートシーフ」の能力は強力ですが、4コスト帯。2色で使うとなると「う~ん」というところ。

加護ハンデスを相手にしたときに良くある展開として「エリートシーフ」を軽減で場に出す、というシーンです。

デッキは1枚掘ることができますが手札は増えないんですね。

ここで軽減するカードがたとえば「圧殺のタウロス」であれば問題ありませんが、「ミューズ」や「ユグドラシル」だとそこまでする価値が「エリートシーフ」に果たしてあるのか。

デッキに解決策があるなら別なのですが…。

エリートシーフ」を入れても「見習いシーフ」まで入れるのかな、とか。

インターセプトを引っ張ってくる手段があるためユニットはパワーカードを使いたいな、とか。

ハンデスと一言で言っても、他のデッキ以上にプレイングを見越しての構築となるため考えるところは多いデッキタイプではないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございます。

サーヴァント オブ スローンズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。