『COJポケット』フラミンデッキを考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

今回は新規に追加されたPRカード、「熱帯のフラミン」デッキを考えたいと思います。

熱帯のフラミン

赤のユニットでコスト4。種族は天使。BPが6000/7000/8000。スピードムーブ。

相手プレイヤーへ攻撃成功時、場にいる味方の天使ユニットx2000ダメージを敵全体に与える。

スタッツはギリギリ。

全体に2000ダメージは破格ですが、問題はどのようにして通すか。

スピードムーブがあるので隙を突いて攻撃するか、ギミックを用意することになります。

このユニット1体では完結していないので、場をひっくり返す能力はありません。

フラミン自体が天使なので攻撃が成功すれば必ず2000ダメージは確保できます。

欲を言うなら6000ダメージが理想です。

つまり、フラミン以外に2体の天使ユニットが場に欲しい。

強み・弱み

次に、天星と比べながら強みと弱みを見ていこうと思います。

天使である強み

天星デッキも似た動きをしますが、こちらの強みはフラミンが4コストと軽量なこと。

天星のエースユニット「マーズ」は6コストとイラストからは分からない重量級。

天使種族であることから「奉仕少女セツナ」により次元干渉を与えることができます。

この能力のおかげで巨人デッキを相手にしたとき「エンジェルビルダー」をすり抜けることも可能です。

また、2コスト中心で組まなければならない天星と違い天使は必ずしも2コスト中心ではありません。

天使である弱み

小回りがきかないこと、これに尽きます。

天星は種族で沈黙、2コスト破壊をはじめ「マーキュリー」や「ムーン」という2大大黒柱がいます。

青デッキを使っていて天星相手にしたときにいつも思うのが、「ムーン」強すぎだろ…ということ。

天使にはこのような花形ユニットはいません。

スタッツもコスト比で低めに設定されています。

それなら天星のように緑でBPを底上げしたいところですが、緑に天使はいません。

ここが非常に大きなウィークポイントではないかと思われます。

試作品を作るも

いくつか試作デッキを作りました。

ただ、今のカードプールではまず無理です。

最新0勝まで落ち込むくらい無理。

いろいろ考えた結果、2コストの武闘派天使がいないからという結論がでました。

そのような天使が出てきたら一気にトーナメントシーンまで上がる可能性はあります。

2コストスタッツを満たした天使→セツナ→フラミン、という動き。

これができない現状では非常に厳しい。

もうひとつ。赤の天使が弱い。「絶望の天魔アザゼル」並みのカードが欲しい。

巨人でいう「ヴェルフェゴール」のような。



まとめ

以前紹介した「奉仕少女セツナ」と「シェムハザ」のデッキにもフラミンを投入してみましたが、ないほうが強い。

やはりPack6来ないと難しいと思われます。

これは天使デッキに限らず既存のデッキ全てに言えることではないでしょうか。

要するに私が言いたいのは、さっさとPack6リリースしてくれ、ということ。

最後までお読みいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。