『サヴァスロ』サーヴァントオブスローンズで遊んでみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

今回は1/24にリリースされた「サーヴァントオブスローンズ」で遊んだお話。

「サーヴァントオブスローンズ」とは

一言で言えば「クラロワ」です。

自分のライフ(城壁の耐久度)がゼロになる前に相手のをゼロにする。

それにはサーヴァントやスペル、タワーを使います。

サーヴァント

サーヴァントの攻撃にはいくつか種類があります。

たとえば画像の「バハムート」は範囲攻撃をするサーヴァント。

ただし、範囲攻撃のサーヴァントはコスト比の攻撃力が低めです。

どういうときに範囲攻撃が有効なのか。それは1枚で複数体の固体を召喚するものに対してです。

1枚のサーヴァントカードから複数体の固体を召喚するものもあります。

それがこちら。「スケルトン軍団」です。その名の通り、16体の固体を一度に同時召喚します。

このようなサーヴァントを相手にするときは範囲攻撃が効果的。

それではどういうときに「スケルトン軍団」が効果的かというと、強力だけれど単体召喚のものです。

たとえば「ケンタウロス」や「ギガス」は強力な単体召喚のサーヴァントです。

範囲攻撃→ワラワラ→強力な単体攻撃→範囲攻撃、という具合です。

飛行タイプ

飛んでいるサーヴァントは同じく飛んでいるか、弓でしかダメージを与えることができません。

弓攻撃の「ダークアリス」。このサーヴァントは能力で一定周期にスケルトンを召喚します。

スペル

1枚で範囲に大ダメージを与えたり、長い時間同じ場所にダメージを与える毒を出したり。

遊んだイメージとしては防御札のような使い方かな、と思いました。

スペルによっては効果が発動するまでに時間を要します。

タワー

サーヴァントと違い、その場にとどまって効果を発揮します。

たとえば画像の「魔女の塔」は範囲に入った敵サーヴァントを攻撃します。

タワーは相手を攻撃するものだけではなく、味方のサーヴァントを一定時間強化したり、数秒おきにサーヴァントを自動で召喚するものもあります。

共通事項

全てのカードにはレベルが存在します。

レベルを上げるにはソウルとゴールドを消費します。

まずソウル。これはガチャで同名カードを取得したりシナリオを進めて取得するか、ショップで購入できます。

ゴールドはシナリオを進めて取得するかショップで購入します。

レベルが上がると、ステータスがアップしたりスペルなら与えるダメージが増えます。

同じカードでも相手と効果に強弱が生まれるんですね。

個人的にこれはどうなのかな?と思います。

スクエニがゲーセンのゲームでリリースした「ロードオブヴァーミリオン」も同じシステムを採用していました。

システム

ホーム画面

デッキ構築、ショップなどなど一般的ですね。

少し「えっ?」となったのは、はっきりとガチャって言ってるところ。

この手のゲームだと召喚とか言い回しますが、ずいぶんストレートな。

戦闘画面

手前中央にある数値が味方の本拠地の数値。その左右にある数値のところが味方の砦です。

同じく奥中央にある数値が敵の本拠地の数値。左右にあるのが敵の砦です。

まずはどちらか砦の破壊を目指します。それから本拠地。

相手陣地へのサーヴァントの攻撃はオート行動です。たどり着いたら勝手に攻撃。

サーヴァントを召喚できるのは最初自分の陣地(下半分)だけですが、砦を攻略すると広がります。

サーヴァントを召喚したりスペルを使用するために必要なマナ?は時間経過で自動的にたまります。

なかなか決着がつかないで一定時間が経つと、たまる速度がアップします。

ガチャについて

ガチャにも開放条件があります。

ベーシック・アドバンス・エキスパートの3種類です。

開放するには一定以上のレートにならなければならず、アドバンスはレート800以上、エキスパートはレート1750です。

私はまだクエストのみを進めているので、このレートのハードルが高いのか低いのかはわかりません。



まとめ

期待していましたがちょっと違うかな、というのが正直な感想。

カードのステータスをみるに「バハムート」のひき殺しが起きるんじゃないか、と思われます。

いくらコスト9でもこれは強いです。

あとはレベル制度ですね。たとえばこちらが使うカードは1点ダメージなのに相手は同じカードで2点ダメージだったらキツイ。

使われているカードイラストは先ほども出ました「ロードオブヴァーミリオン」シリーズのものなので、懐かしくもあります。

悪く言えば使い回しとも…。

カードをそろえてレベルを上げて、となると課金要素高そうです。

どうしたもんかいの。

最後までお読みいただきありがとうございます。

サーヴァント オブ スローンズ

SNSでもご購読できます。