『COJポケット』工夫しようにもどうにもならない竜族

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

今回は色々がんばってみたけれど、どうにもならなかった残念な話。

誰もが一度は考える

赤のコスト2のユニット。BP4000/5000/6000。

「ライジングドラゴン」のBPが10000以上のとき味方の竜・亜竜にスピードムーブを与える。

自身以外に味方の竜・亜竜が場に召喚されたとき自身の基本BPを+2000する。

ライジングドラゴン」がどうにかならないかということです。

コイツを上手く使ったデッキを作れたらかっこいい。

私もPack5のスポイラーをみて、どうにかならんかいの、と思ったクチ。

時間を見つけてはデッキを考え、ためし、崩す。この繰り返し。

どうにもならない。さじを投げました。

スピードムーブを与えてどうなる!

BPを10000にするのは相当な労力です。

ジョーカー「パトリオットアーマー」を使えば一発ですが、使うの?

試しましたが、まあ弱い。なぜなら相手の場にもユニットはいるから。

何一つ解決へとつながりませんし、攻めにも転じることができません。

せめて相手にダメージとか、破壊とか。それならやりがいを感じます。

スピードムーブなら赤の「献身のフェアリ」をオーバークロックさせるほうが現実的。

もっと言うならEXカード、「曹操」のほうがまだマシ。これってだいぶですよ。

曹操軸のデッキを1週間以上考えたけれど無理だった私が言いましょう。無理です。

Pack6で何か新機軸になりそうな竜・亜竜が追加されればワンチャンス。

竜・亜竜族自体は弱くない

竜の咆哮

もし、仮に組もうか考えている奇特な人がおられるならまずおススメしたいのは「龍の咆哮」です。

竜族のみで亜竜は対象外ですが、BP+5000します。

これが相手の予想を裏切れます。

竜・亜竜、赤のインターセプトでブロック時にBPを増やす目的で使えるカードはこれくらい。

あと+5000は破格の上昇値。大体倒せます。「不可侵防壁」くらいなら打ち勝てる。

このインターセプトがなければPack6以降に竜・亜竜がいくら追加されようと無理。

ブレイブドラゴン

レアリティもVRと比較的入手しやすい進化ユニット。

これのためにジョーカーを「ブレイブシールド」にするのもアリではないでしょうか。

正直、こっちを軸にして「ライジングドラゴン」外したほうが強いまであります。

全体6000ダメージは相当なプレッシャーです。

全体5000ダメージは出来るんです。全体6000点はなかなか出来ません。

アームズドラゴン

コスト3の進化ユニット。BPは3000/4000/5000。不屈。

場に召喚されたとき、敵ユニット1体を選んで基本BP1/2にする。

戦闘時、自身のBPを3倍にする。

このユニットの強みは「エンジェルビルダー」に打ち勝てるところ。

最近大流行の黄色の守護神に打ち勝てるのは相当な強みです。

普通ならインターセプト使わなければ勝てないんです。

しかも、不屈を持っているので返しのターンを考える必要がない。



まとめ

なんだかんだ書いてまいりましたが、無理でしょう。

新しい発見はいくつかありました。ただでは起きない。

今月は今までの周期でいけばPack6がリリースされるはずです。

新弾ではどのようなカードが収録されているのか。

アーケードでリリースされているカードを眺めていると、武神とかきそうな予感。

能力からわかる強さ。環境を壊す悪寒。これもし来たらどうすんだ?

おお、怖い怖い。

今回は「プロジェクト東京ドールズ」の記事も同時に投稿しているので、良ければご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。