『COJポケット』巨人によるイザナギ対策を考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

今回は巨人をはじめとした、場を固めてドーンと攻めるデッキの中盤のストッパー「現世のイザナギ」をどうするかです。

この課題を無理なく違和感なくナチュラルにクリアできればミドルレンジクラスの横並びデッキは勝率が上がりそうです。

敵を知る!現世のイザナギ

おう、イザナギ1枚しか持ってなかった!

コスト4で黄色の進化ユニット。BP7000/8000/9000。

相手のターン開始時にコスト3以上の敵ユニットの行動権を消費する。

自分のターン開始時、行動済みの敵ユニット1体を選んで消滅させる。

③オーバークロックすると敵全体の行動権を消費する。

このなかでも特に辛いのが①です。

相手のイザナギを倒せなければツミ状態。

相手もただ黙っているわけではなく、ここから場を固めてきます。

使う側のデッキ次第ですが事実上のタイムワープなわけです。

対策その1「大魔導士リーナ」

最も手っ取り早く対策出来るカードがこの「大魔導士リーナ」でしょう。

加護や破壊耐性がない敵ユニットを問答無用で破壊してしまいます。

巨人にこのカードを積んでいるデッキもたまに見かけますね。

しかし、もちろん問題点もあります。青であることです。

巨人に通常青が入ることはありません。赤黄緑で組まれる。青を入れるといびつなんですよね。

いびつなデッキは回転率が下がります。

10ターンと制限があるこのゲームで回転率の低下は極力下げたいところ。

そのうえ5コストと重め。軽減で出すことは出来ません。

このカードを入れた巨人は巨人デッキというよりも巨人を中心とした準グッドスタッフデッキともいえます。

※グッドスタッフとは

強いカードを詰め込んで作り上げたデッキは強いという理論から生まれたデッキ形態の一つ。

種族やコンボを狙うよりもカード単体の力で押し込むことを目的としています。

聞こえは悪いかもしれませんがそんなことはなく、きちんとしたデッキタイプの一つです。

COJポケットは色別に使えるカードが決まっているわけではないので(たとえば青デッキは青しかカードを使えない、ということではない)グッドスタッフとは非常に相性が良いです。

そうすると環境は一強になってしまいそうですが、そこは上手くDOBで調整されています。

対策その2「智勇のエドワード」

追加されたEXカードの一つ。

なじみのないプレイヤーも多いのではないでしょうか。私もです。てへぺろでござんす。

コスト4で赤の進化ユニット。スタッツはBP6000/7000/8000。

①召喚時、敵1体にランダムで3000ダメージを与えます。

②攻撃時、自身の味方ユニットを1体選び破壊した場合(破壊は強制)、敵1体を選び8000ダメージ与えます。

通常イザナギはBP7000で場に出てきます。二つ目の能力で十分焼ける。

実はエドワードは同じくEXカードの「武則天」と相性良くデザインされています。

以前、「武則天デッキを組んでみる」の記事を書いたのですが、それ以降も調整は続けておりました。

様々なカードを試していて、これ実は強いんじゃないか?と思われたのが「智勇のエドワード」です。

弱点(エドの泣き所)

もちろん弱点は存在します。

まずはこちらのユニットも1体失ってしまうということ。

横に展開したいデッキにとってこれは大きな損失です。特に巨人にとっては。

次に、進化ユニットであること。

こちらは生贄のユニット、進化元になるユニット、エドワードの3体を使っています。

方や相手は進化元になるユニット、イザナギの2体です。

もしエドワードが返しのターンにあっさり対応されると(ジャンプーでさえ)アド損です。

場に出すにはまた進化元を用意しなければなりません。

対策その3「暴虐王バアル」

暴虐王バアル」は使う人、使われた人多いのではないでしょうか。

こちらはエドワードと違いユニットは失いませんがライフを失います。

盤面の維持を大切にする巨人にはこちらのほうが相性はいいかもしれません。

コストも1安いです。

弱点(超攻撃的ゆえに起こる摩擦)

防御ユニットとして立たせておくことが出来ません。

使ってみるとこのデメリットは大きいことがわかります。

また、展開の速いデッキ、ライフでこちらが負けているときなど使いにくい場面は多いです。

専用デッキ(ニケ・バアルデッキなど)であればダメージレースは有利に進めることが出来ますが、巨人に出張したバアルにその力があるのか。

それを安いと考えるか高いと思うか、価値観の問題になってしまいます。

対策その4「火弦の精サラマンドラ」

火弦の精サラマンドラ」も使い使われする機会が多いユニットではないでしょうか。

もし黄色相手、序盤にこのカードを出すことができれば相手はイザナギを出せなくなります。

また、各色にいる2コスト精霊シリーズは自身プレイヤーがダメージを受けることでも効果を発揮するので腐りにくいのも特徴です。

レアリティもVRと今まで挙げたカードよりは入手難易度は低めです。

弱点(ふとももが良いよね)

2コストの処理は黄色に豊富です。

環境万能メタカード「天帝インドラ」や「アリエル」など。

また、受身のカードなので先にイザナギを出されるとどうしようもありません。

あくまでけん制にしかならない、時間稼ぎにしかならないということですね。

かわいいサラマンドラちゃんをフォローさせてもらうならば、このユニットはリアルステルスを持っている。

うっかり相手が進化ユニットを出してしまうことも意外と多いです。

それは今回のイザナギに限らず。とは言っても毘沙門のような全体除去には効果がありません。

対策その5「烈火の侍」

もう巨人には無理!ということで侍に助太刀を依頼する。これも一つの手です。

烈火の侍」は相手が黄色単色であれば非常に厄介なユニット。

行動権は消費しない、バウンスはできない。3コストだからインドラでもダメ。

BPも6000と標準。何よりレアカード。入手しやすいです。

弱点(胸のサラシが意味をなしていない)

解決にはなりません。「烈火の侍」もつなぎにしかならず。

何かしらイザナギを破壊する必要があります。

今まで挙げたもの以外であれば…たとえば赤のインターセプト「エクスプローション」など。

しかし、滅多に見ませんがイザナギに加護がついたらアウトです。



まとめ

毎度のことながら万能な対策はありません。

黄色はトリガー、インターセプトとの組み合わせなどからサーチが豊富です。

ほしいカードをほしいときに持ってくることが他の色よりもしやすい。

そこでこちらは対策をしながら他のデッキを相手にしたときにも腐りにくいカードを用意しなければなりません。

本当に難儀なことです。

そもそも巨人自身で対策が出来ませんからね。これはもう宿命。

ただ、イザナギも無敵ではありません。ここで挙げた対策以外も駆使してどうにか活路を見つけたい。

最後までお読みいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。