『COJポケット』白き不調和

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

今回は黄色のインターセプト、「白き調和」を使いたいというお話。

白き調和とは

黄色のインターセプトで6コスト。

敵のプレイヤーアタックが成功したとき発動可能。

黄色以外の全てのユニットを消滅させる。

とてもロマンあふれるカードです。

まず相手のターンにCP6を確保しなければいけません。

次に、相手が黄色ユニットを使っていたらまったくの無意味。

一つクリアしてもまたハードルがあります。ギャンブル性が非常に高いカード。大好き。

もう「戦神・毘沙門」で良くないか?とか言ってはいけない。

童心を忘れることなかれ。

いかにしてCPを確保するか

暗黒街の武器商人

まず思いつくのは「暗黒街の武器商人」でしょうか。

自分のターン終了時にCPを+2します。CPを4余らせてターンを終了すれば条件確保。

そもそもCP4余らせてターンを終了すること自体がもはや事故。

明らかにデッキが回っていません。

こちらの場にユニットがいて相手の場のユニットは「白き調和」で一掃して返しのターンに殴ってドヤァがやりたいことなのです。

ドヤァがやりたいんですよ。勝ち負けはどうでもいい。

勝ち負けにこだわるならずっと青使ってる。

事故を起こしてはいかんのです。自然に。

インセクター○蛾の「はっ!濡れてる!!」くらい意表をつくような、そう、ナチュラル感がほしいわけです。

暗黒街の武器商人」はターン終了時に発動ということもあってバリバリ警戒されます。たぶん。

なんだ?なぜ、CPを増やすカードを?さてはあの伏せカードは「白き調和」だな?となるんですよ。絶対。

反撃の狼煙

相手のプレイヤーアタック成功時に発動。CP+4します。

これでしょ!トリガーゾーンに2枚伏せることはよくある。

さらに、CPを2残すこともよくある。

そこからいきなり「反撃の狼煙」発動してCP6、さらに「白き調和」発動!

これだよ!かっこよすぎるでしょ。

ましてや「反撃の狼煙」は使われたことない人も多いはず。

驚きも倍です。もうこの時点で勝ちですね。試合に負けても勝負には勝ち。

デッキを組んでみる

基本は自然に。警戒されないように。

白夜刀のカンナ」と「黒闇刀のキサラギ」、「鎮静剤」の基本コンボは入れつつ、

黄色のメジャーどころで組んでみました。

デスティニーコントロール

相手のターン終了時にこちらの場にユニットがいなければ発動可能。

相手のライフに2ダメージを与えます。

白き調和」と同じく6コスト。さらに相手ターンに絡んだインターセプト。

途中から1枚お試しで入れてみました。

結果

無理だよね。

20試合くらい試しました。ただただカンナ+キサラギ+鎮静剤が強いデッキ。

後手2ターン目に、

カンナ攻撃(L1)→キサラギ→鎮静剤→カンナ攻撃(L2)→1コストを軽減で出す→鎮静剤→カンナ攻撃(L2)→カンナ攻撃(L3)

これが強かった。それだけ。



まとめ

これからも定期的に私はロマンを求めるよ。

99回の失敗の先に1回の成功があるんです。たぶん。

目をつけているカードがあるんですよ。ただ、まだだ。まだまだ。

いや今回のも形にはなってないんですけれど。ACEの最初まで戻っちゃいましたっ!

最後までお読みいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。