『COJポケット』珍獣対策『初心者向け』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

今回はどのランク帯でも猛威を振るう強力なデッキ、珍獣への対策を見ていきたいと思います。

珍獣は無敵ではない

珍獣デッキは対策をしなければワンサイドゲームになりがち。

だからといって対策を間違えると、ほかのデッキタイプを相手にしたときに腐ってしまうカードが出てきます。

できれば他のデッキを相手にしたときも腐りにくいカードで対策したいところ。

効果の発生順番

基本的なところではありますが、COJで遊ぶ上では重要なところなので確認。

 

①ユニットが場にでた時の効果が発生(ハッパロイドなど)

②アクティブターンのプレイヤーのトリガーがあれば発動

③アクティブではないプレイヤーのトリガーがあれば発動

④アクティブターンのプレイヤーのインターセプトがあれば発動させるかを選択

⑤アクティブではないプレイヤーのインターセプトがあれば発動させるかを選択

⑥場に出たユニットがオーバークロック(レベル3状態)で発動する効果があるなら発動(バク・ダルマンなど)

 

アクティブターンのプレイヤーというのは、そのときのターンのプレイヤーのことです。

なぜこの順番が大事かというと、たとえばこちらの場にユニットがいて「人の業」をトリガーにさして相手が手札でレベル3状態にして進化ユニットを出した場合。

本来なら「人の業」の効果で進化ユニットは行動権を消費しますが(順番③)、そのあとのオーバークロックの効果で行動権が回復してしまいます(順番⑥)。

進化ユニットへの対策は「人の業」が代表ですが万能ではないということですね。

しかし、この進化ユニットが「戦神・毘沙門」のような更地にしてしまうものであれば、順番⑥を待たずに「人の業」の効果で破壊されてしまいます。

話しがそれてしまいました。

ここからは各色でどのような対策があるのか考えますぜ!(唐突なキャラ変)。

ただし、SR、EXカードは今回除外します。

全色

代表的な対策カードは「封札の煉獄炎」などの封札シリーズでしょうか。

0コストのインターセプトで召喚された相手のユニットがレベル1、2のときは3000ダメージ。

レベル3のときは10000ダメージ。

オーバークロック発生前にインターセプトを使うことが出来るので、相手のユニットがレベル3で場に出れば10000ダメージを与えることができます。

オーバークロックの効果が発動する前に破壊できる、ということですね。

封札シリーズは黄色以外腐りにくく、特に赤と緑であれば1枚はデッキに入れておいてもいいと思われます。

青は3枚積むデッキ(レベルコントロール)もあります。

封札シリーズはどの色もレベル3ユニットへの対策となり、珍獣デッキにも有効です。

同じ理由で無色のインターセプト「弱肉強食」も対策カードになります。

弱点

もちろん万能ではなく、珍獣サイドも対策への対策を講じてきます。

珍獣はコストが軽いのでオーバークロックのユニットを通す前にトリガーゾーンのカードを破壊するカードを使ってきます。

暴走する魔剣」などですね。

インターセプトでの対策はこの手のカードが全て弱点となります。

赤で珍獣の対策になるのは「火炎将軍スルト」。

攻撃すると敵全体に1000点ダメージが確定。珍獣の多くはBP1000で構成されています。

しかしこのユニットが珍獣に真価を発揮するのは消滅効果耐性にあります。

珍獣は手札が揃う前に出てきた相手の大型ユニットを「人身御供」で処理してきます。

スルトにはこれが効きません。

弱点

多くの珍獣に入っている「白夜刀のカンナ」が苦手です。

行動権消費&呪縛は不屈能力がなければ事実上の破壊を意味します。

珍獣は手札でカードをそろえて一気に攻めてくるので、スルト1体しか場にいなければ大量得点を奪われてしまいます。

そこで、先ほど挙げた封殺でカンナのオーバークロックを防ぐなどの工夫が必要です。

青は珍獣対策のカードが非常に豊富です。

ミイラくん」や「ファンガスガール」などですね。

特にファンガスは非常に効果的です。何せ相手のサーチ珍獣が場に残れません。

珍獣をどうにかしたいならとりあえず入れておきたいユニット。

ミイラくんとセットで入れると、ファンガスが効果破壊されたときミイラくんが捨て札にいれば場に戻すことが出来ます。

場にサーチ珍獣は残せないわミイラくんで手札は捨てなきゃいけなくなるわで珍獣側はてんてこ舞いです。

私も大好きな2枚。

弱点

この2枚はオーバークロックへの回答にはなりません。

ミイラくんで運よく相手の手札にあるオーバークロックユニットを捨てることが出来れば強いですが、そうそう上手くはいきません。

どうしてもオーバークロックへの回答もほしい。

たとえば「冥土の献上品」であれば、レベルコントロールではなくても腐りにくいカードです。

これは発動にコスト1が必要となるのが注意です。

緑なら進化ユニット「アレキサンダー」はどうでしょうか。

固着で「KP」のバウンスにも耐え、王の治癒力で「バク・ダルマン」などの火力もききません。

このカードは対赤・対黄色にも強く非常にお勧めです。

もし横に並べることが出来るならば貫通を与える「グループ・オペレーション」もお勧め。

ブロッカーとしてたたせている相手のサーチ珍獣をものともせずプレイヤーへダメージを与えることができます。

弱点

アレキは扱いが壁になるので攻撃の起点にはなりにくいです。

どうにかして不屈をつけたい。それから「人身御供」には無力です。

グルオペはダメージレースが不利なときは使っても効果が薄い。

ここでこちらの攻撃がすべて通れば勝てるというときに使うようにします。

黄色

黄色は加護を持つユニット。「ソードダンサー」や「エンジェルビルダー」がお勧めです。

COJポケットは加護が非常に強力な能力なので、とりあえず迷ったらこれでいいと思われます。

相手の「白夜刀のカンナ」も効かず、「人身御供」もききません。

相手からのアクションとしては「KP(オーバークロック)」によるバウンスか「バク・ダルマン(オーバークロック)」+「チェインフレイム」。

突破には骨が折れます。

弱点

常に後手になってしまいます。

骨が折れるとはいえ、相手がオーバークロックのアクションを開始しだしたら突破される可能性があります。

なにかしらこちらから仕掛けることができるカードがほしい。



まとめ

完璧な対策は存在しません。

でもどうにもならないデッキでもありません。

自分なりに工夫して試してを繰り返しているうちに、しっくり来るものが見つかります。

対策のカードを使う側にも向き・不向きはあります。

自分には封殺シリーズのタイミングがつかめずすぐ使ってしまうから向かない、など。

試して捨て、試して捨てを繰り返してブラッシュアップしていければいいですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

IS<インフィニット・ストラトス> アーキタイプ・ブレイカー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。