『COJポケット』赤天使は狙いすぎだった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

前回は天使がヒットしたことを書きました。そして今回はやりすぎた話です。

なにごともほどほどが大事。

赤の天使といえば

赤の天使といえば「ラミエル」と「絶望の天魔アザゼル」、「フェニックス・ニケ」に「クリムゾンナース」がいます。

今回は「クリムゾンナース」にスポットを当ててみました。

クリムゾンナースとは

赤の5コストユニット。種族は天使。BPは7000/8000/9000です。

天使が場に出るとスピードムーブを与えます。

クリムゾンナース」も天使なので、自身もスピードムーブを得ます。

ネックなのは5コストで、赤としては何かしら大きなアクションを起こしたい。

ライバル筆頭として、たとえば「蠅魔王ベルゼブブ」がいます。

いかに強力なユニットがひしめいているかがお分かりいただけるのではないでしょうか。

デッキ紹介

今回「フェニックス・ニケ」は不採用。枠がありませんでした。

それから「クリムゾンナース」がいるので問題なさそうです。

新EXカード「武則天」も同時に検証。ランクマでもたまにみかけます。

天帝インドラ」は青対策。青はこれ1枚で黙ってしまうので。

インドラのギャル感が大好き。

赤が入っているのに悪魔属性のユニットが入っていません。

序盤の動き

初手は「武則天」でしょうか。対赤には無力なのがたまに傷。

相手によってはいきなり大きなアドバンテージを得られるのが魅力です。

黄色単色であれば確実にアドを得られます。

後手であれば「奉仕少女セツナ」です。狙えるなら「ラミエル」と「インペリアルソード」の良くみるアレ。

狙うコンボ①(クリムゾン、ニケ)

最も狙うべきコンボは「戦神・毘沙門」などの全体除去を打たれてから「聖天使ニケ」と「クリムゾンナース」による3点奪取です。

相手の場にブロッカーがいないとき最初クリムゾンを出して攻撃、次にスピードムーブを得たニケで攻撃、クリムゾンを起こして再度攻撃です。

これは赤の「原初神ガイア」で更地にされてからでも出来ます。

狙うコンボ②(赤ユニット、セツナ、ニケ、インペリアルソード)

もしも相手がガチガチに盤面を固めるパターンの場合。

場に赤ユニット、「奉仕少女セツナ」、「聖天使ニケ」、トリガーゾーンに「インペリアルソード」がいる状況。

セツナとニケはどちらかが場にいればOK。相手の場は3コスト以上。

たとえば赤ユニット、セツナ、ソードがささっている場合。

まずはセツナが攻撃。次にニケをソードでスピードムーブを与えて攻撃、セツナを起こして再度攻撃。

これで3点+トリガー2枚。

検証結果

無理です。同じ天使なのにね。

面白いデッキでしたが安定した勝ちにはつながりませんでした。

まずは珍獣がキツイ。次元干渉を活かすことが出来ません。

それから相手の動きに無力です。天使はスタッツが低いので焼かれる。

黄色にはケースバイケースで「天帝インドラ」がキツイ。

せっかくの加護が意味を成しません。悲しみしか生まれない。



まとめ

なにごともほどほどが良い。

パーツを限界まで削ったとして「ラミエル」と「絶望の天魔アザゼル」は不要。

天使はコンボのパーツに絞ってそこまでに全力で持っていく。

方向性としてはそのほうが良さそうです。

それから「武則天」は相性がはっきりしてしまうので、二の手を用意しておかないとズルズル負けてしまいます。

この課題をクリアできれば化ける余地はある。

赤メインではなくて黄色メインなのかもしれません。

でもそうするとソードのスピードムーブを生かすのが難しい。

もうソードに頼らずクリムゾン+ニケがこのデッキのスピードムーブ!と割り切ったほうがいいのかな。

調整が非常に難しいデッキだと思われました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。