『シャドウバース』秘術デッキは強いけれど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

ウィッチの秘術デッキは強いけれど環境が許さないというお話しです。

鬼門のターン

秘術デッキが強いのはまず間違いありません。

1ターン目から4ターン目までは隙も少なく、やれることも豊富。

6ターン目には「偉大なる魔術師・レヴィ」も控えています。

一番の鬼門は5ターンだと思われます。

今デッキに入っているのは「連鎖する雷」と「オズの大魔女」です。

オズの大魔女」は5ターン目に出しても仕方がないフォロワー。

だとしたら「連鎖する雷」を使うのかってことになりますが、ここで3点飛ばしても嬉しくない。

5ターン目が問われる

5ターン目に相手へ優位を保つためにできること、5ターン目に問題を解決するためにできることが秘術デッキにはない。

だからといって防御に回るのも違うような。今の秘術はバーン寄りにするのが正しいと思うのです。

そもそもシャドウバースは特定のデッキ以外、守勢に回って後半で出せばかなり有利になれるカードが入っていないなら常に攻勢でいるべき。

本来ここまで顕著に攻勢・守勢がデッキタイプで分かれることはないはずなのですが…。

とにもかくにも5ターン目で問われます。

今使っているデッキ

いろいろとミドルコストのカードを試しています。

今試しているのは「堕天」です。

このカードは本来土の秘術で使う土の印をユニットに変更することが出来ます。

あとは相手の大型フォロワーを1/3の小型ユニットに変化することも。

どうしてもドラゴンが苦手なので苦肉の策で投入。

タフネスが4以上のフォロワーを1枚で除去する術がないため。

今までは「変異の雷撃」を入れていましたが、鬼門5ターン目に使えるカードを探すということでそこに「堕天」を入れています。

「堕天」の検証結果

正直このデッキでは弱いです。

素直に「変異の雷撃」を入れるほうが良さそう。

というのも、ドラゴンは大型フォロワーが場に出るとこちらのユニットを根こそぎ倒してしまいます。

堕天」は相手からのダメージを減らす役割はありますが、こちらの場が壊滅していては意味がありません。

だったら「変異の雷撃」で良いんじゃないか、となりました。



まとめ

秘術デッキだと相性の有利不利がはっきりしすぎて対戦相手との当たりが悪ければ勝てません。

これだと安定しません。ということで、今度は凶悪と話題のネクロに手を染めて見ようと思います。

今のまま全国大会とか開いたらローテーションはドラゴンとネクロしか生存できないんじゃないかな、と某大会の結果をみて思いました。

どうしてこうも極端な環境になってしまうのか。

そして、ロイヤルが陽の目をみる日はやってくるのか。

最後までお読みいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。