『COJポケット』今、侍である必要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

マジ歌選手権の「売れるってなんですか?」に深みを感じてしまいます。

今の環境で前回に引き続き、侍はどうなのか検証したいと思います。

奇しくも大河ドラマで西郷さんが開始しましたね。

侍の強みとは

前回は侍の弱点ばかりフォーカスしてしまったので、今回は独特な強みも交えて見ていきます。

理想の展開とたどりつくまで

侍だけで見た序盤の理想的な展開は、「心眼のナギ」に「開眼のアヤメ」で加護を付与して倒されにくくし、「磯風参式」で破壊されてもリターンを得られるようにして攻撃することだと思われます。

実際侍デッキを動かしていて、この3枚が揃ってからの攻勢は圧巻です。

開眼のアヤメ」による不屈の常在能力、「磯風参式」によるリソース問題の解決。

揃ってしまったら「戦神・毘沙門」以外ではまず解決できない盤面。

しかし、相手に邪魔されないとして最低でも3ターンかかってしまう。

揃うのは対緑のときだけ。英雄デッキのときくらいなものです。

赤、青、黄色が入ったデッキ相手では盤面にまず揃いませんでした。

英雄「剣聖・武蔵」を活かせる唯一の種族

侍にこれでもかと能力を付与する進化ユニット。

侍のフィニッシャーといえるカードですね。

最近はコイツを入れない侍も見かけますが、私個人としては「剣聖・武蔵」タイプのほうがわかりやすいと思われます。

肉弾戦をこなせるようなインターセプトや「妖精王妃ティターニア」などのサポートユニットを混ぜて3体くらいの侍をアタッカーにする。

変にギミックを盛り込むよりも一直線を突き進む。

除去を考える

除去を考えるとき、侍で真っ先に投入するのが「炎鬼イフリート」ではないでしょうか。

このカードはどうなのかなと。

ピンチを巻き返せるカードではないんですよね。

単純なところで「ユグドラシル」を除去したいとなれば「大魔導士リーナ」になる。

炎鬼イフリート」は押しているときさらに押すカード。押し過ぎてもあまり意味がない。

私としては万能除去「大魔導士リーナ」のほうが良いと思われます。

それだと侍の数が少なくなる。「IZO」がウォーミングアップをしていますよ。

烈火の侍」も強い。これ1枚で黄色軸のデッキは参ってしまいます。

侍は結局どうなのか

面倒なギミックを入れることなく肉弾戦に持ち込むような作りにすれば強いのは当たり前ですね。

今の環境がギミックそしてギミックなのでどうしてもこの手のデッキは不利です。

戦士デッキは強制防御を与える「リザードナイト」がいるので土俵に上げることができますが、侍にはその手のカードがない。

だとしたら盤面を侍と武蔵にしてジョーカー「ランページクラッシュ」で強制防御を付与、一気にダメージを取って逃げ切る作戦でしょうか。

この手のデッキは扱いそのものが非常に難しいです。



まとめ

侍は工夫するよりもまっすぐ。そして私は使いません!

今のカードプール、環境なら侍使うより戦士を使います。

はじめたばかりのプレイヤーにも戦士をお勧めします。セット販売でも安いですし。

アーケードを騒がせたあのトリガーがくれば一気に強くなりますが、今の段階では難しい。

今、私の気持ちは天使種族に移っております。

奉仕少女セツナ」です。天使は普段使われないようなギミックてんこ盛りです。

未だにデッキの形すら出来ていません。だめじゃねぇか!

日曜日は一番忙しいのです。家にいないしスマホも出しにくい。仕方がない。

最後までお読みいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。