『COJポケット』逆境に立たされっぱなしの侍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

今回は、セット販売もされている侍についてです。

種族「侍」は不遇なのか

不遇です。

種族デッキでメジャーどころといえば珍獣は別格として巨人、戦士、前回紹介した精霊、Pack5で追加された天星があります。

同じくらいのカードプールがある侍。不遇です。

後からトーナメントシーンに出てきた後輩デッキである精霊よりも不遇です。

侍先輩、ち~っす、くらいにはぶち抜かれます。

何が不遇なのか。専用トリガーもあるし各々の色にあった侍も揃っています。

今回のEXカードでは「剛剣・吉宗」も追加されました。

この「剛剣・吉宗」が侍の現状を体現しております。

剛剣・吉宗

緑の5コストユニット。BPは5000/6000/7000。スピードムーブ。

攻撃時に自身の基本BPを+2000、相手のユニット全体を-1000です。

能力だけみれば「緑にもついにベルゼみたいなカードが来た!」と思えます。

しかし、緑の5コストには「統制者ヴィシュヌ」というド鉄板カードがいます。

ライバルが強すぎる。いくら役割が違うとはいえ、侍に5コストを2種いれる勇気。

心情としては「心眼のナギ」のバフを期待して「剛剣・吉宗」を採用したいですよね。侍ですし。

でも安定した勝利にこだわるならヴィシュヌになってしまう。

剛剣・吉宗」が刺さるシーンはほとんどありません。

赤にも弱い、青にも弱い。有利が取れるデッキが見当たりません。

侍もまさにこのような状況です。

侍デッキの不遇なところ

侍デッキの基本枠組みはこんな形でしょうか。

中コストが多い侍で「IZO」は個人的にはありだと思いますが、デッキに入れてる人少ないですね。

極稀に当たる侍からみたことがありません。

人の業」は2枚ほしい。横並び系デッキは毘沙門対策は過剰にしたい。

空き枠に個性を出すカードを投入。

この段階で侍デッキの不遇っぷりが見えてきます。決定打に欠けることです。

空き枠で決定打を作るなら侍である必要がありません。

実際に上記をベースに侍デッキを10試合ほどランクでまわしましたが、まさかの2勝です。

精霊でも4割ちょっとはあっただけに、これは酷い。

もうすぐKランクってところから最初に戻ってしまいました。

横並びからの~…ないのかよ!

横並びにすることはできますし、精霊よりも盤面は強固です。

アベレージBP3000が並ぶ精霊ですが、侍はBP5000。

赤以外になら並びはします。並ぶだけです。殴れません。

赤には並べません。元来横並びデッキは戦士と巨人以外、残れないと思ったほうが良い。

いくら「不可侵防壁」を伏せて「心眼のナギ」がいても殴れません。

対青には殴ったら「メデューサ」という対肉弾戦許さないユニット、いなくても防御からのレベル対応除去。

対黄色は3コスト以上が多いことから「現世のイザナギ」で無理。まごついているうちに「戦神・毘沙門」です。

対緑はそもそもBP勝負ができません。

色だけでみればこんな形がネガティブ要素。はぁ~、ネガティブネガティブ。

何を引いたら攻撃できるの?という場面が多い。

不遇を改善する

逆を申せば、これらをクリアしたら戦えるということです。

全部に対処することは不可能なので、このなかから克服できそうなものをピックアップしていきます。

私見としては「天剣の沖田-皆伝-」が活路になりそう。

戦闘したユニットを効果破壊し、自身が破壊されたとき自分の場に侍が3体以上いたら相手ユニットを選んで破壊。

見方によってはこのユニット、「メデューサ」と「不死魔導士ミザリィ」を足して2で割っていない。

足していないのに2で割らないユニット。ただし条件付。

侍デッキは場に侍を用意して青沖田をぐるぐる回すのが強そうです。



まとめ

散々こき下ろしましたが、きちんと組めば精霊よりも勝てそうなんですよね。

各色の特徴をFFで言う赤魔導士のような備え方をしているのが侍。悪く言えば器用貧乏。

次回は検証結果を踏まえた報告ができればと考えています。

ここで少し宣伝を。

当ブログでは様々なDCGを中心に書かせてもらっております。

このたび「シャドウバース」も再開しました。第1回目はこちら

AA0がマスターを目指しております。もしよろしければ一読いただければ幸いです。

近いうちに「ゼノブレイド2」と「デジモン ハッカーズメモリー」のプレイブログも開始予定です。

その際はぜひともよろしくお願いします。

最後までお読みいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。