『COJポケット』俗・精霊デッキ検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

今回は実際に試したいろいろな精霊デッキの検証結果を見ていきたいと思います。

最初に書いておきますが、なかかなへヴィーな結果となりました。勝てるか!

ジョーカーに関しては未検討です。

固定の精霊パーツ

画像の構成が黄色中心で精霊を組む際に入るパーツ。

神光の召喚術」3枚はやりすぎと思われるかもしれませんが、これを使ったリカバリーは本当にたいしたものです。

相手の複数除去が飛んでくる気配があるときに伏せることができればなかったことにできます。

世界樹の恵み」か他のサーチ系トリガーかで悩みましたが今回は検証も兼ねてこちらをチョイス。

可もなく不可もなく。行動権消費は強いのですが、それは「アルミラージ」先輩にお願いすればいいわけで。

手札が空になる機会も多いですし「忘れられし地下書庫」も強そう。

コンボ性が強いデッキですし無難なのは「無限の魔法石」ですが、それならほかのドローもほしい。

操作系のカードがほしいですね。そういう念能力ないかな。

黄単色精霊デッキ

オーソドックス?な黄色単色タイプ。

消滅を有効活用できる黄色の特性を活かしたかった。

戦神・毘沙門」は入れていません。コンセプトからずれてしまうので。

検証結果

少しでも焼き効果があるデッキには非常に弱いです。

精霊の弱みがモロに出てしまいました。

赤や昆虫はもちろんのこと、天星デッキにさえ勝てません。

エンジェルビルダー」ではケアできません。

ジョーカー「ブレイズインフェルノ」で簡単に処理されてしまいます。ランダムが強い。

緑、巨人には有利。珍獣は無理。青は相手次第。黄色は「天帝インドラ」が入っているので不利です。

黄色単色は勝ちきるのが難しい、という結論でした。

緑黄色精霊デッキ


緑の精霊といえば「妖精王妃ティターニア」と「鼓舞の精ノーム」です。

カードだけ見れば肉弾戦もこなせる印象が持てます。

どちらも精霊デッキだけではなく様々なデッキで活躍中。

これは期待が持てそうです。

検証結果

今回の検証で用いたジョーカーでは珍獣に壊滅的に勝てません。

これはジョーカーを「セイクリッドフィールド」にすれば解決できます。

しかし、横並びを解決する「破壊少女シヴァ」のようなカードにはこれでも無力でした。

今の環境は火力に正面から立ち向かうよりも、いなすほうが良さそうです。

青黄色精霊デッキ

青には優秀な精霊が3体おります。

ファンガスガール」と「空色のコルフェ」、「海鳴の精ウンディーネ」です。

ここからチョイスして作りました。この3体をぐるぐるまわして検証。

あとは「アイアンメイデン」も精霊ですが、持ってなので無理。持ってないなら仕方がない。

前回のブログで書いた「鏡合わせの祈り」ももちろん検証しました。結論は微妙。

珍獣にはファンガスとの組み合わせからこちらだけアドバンテージを得られたので強かった、とだけ記しておきます。

検証結果

青のやられてもタダでは転ばない精神を精霊にも宿した結果、焼きにも粘れるようになりました。

ジョーカーは除去タイプではなくほかのものが良さそう。

弱点は攻め軸が二つあるので中途半端にもなりがちです。二色の宿命。安定しません。

どうにもならなかったのは黄色。やはり「天帝インドラ」がこちらに刺さります。

やめてくれ、そのカードは私に効く。やめてくれ…。

それ以外だと巨人が若干キツイ。全部加護っていわれると困る。



まとめ

精霊デッキが今の環境で生き残るのはかなり難しい。

破壊少女シヴァ」だけではなく「天帝インドラ」です。

検証結果として、残念ながら素直に違うデッキを考えたほうが良さそうです。

これだけは言わせてほしい。全然勝てなかった!びっくりした。こんなに勝てないものかと。

珍獣以外で低コスト横並び前提デッキは苦戦を強いるのではないでしょうか。

同じ横並びのデッキで侍デッキがあります。

次回はEXカードで新しいユニットを獲得した侍を検証してみます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。