『COJポケット』今の環境で精霊が勝ちにくい理由と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

今COJポケットが非常に楽しく、いろいろなデッキを考えてフリー・ランクでまわして崩してを繰り返しています。

なかでも精霊デッキの勝率が以前より下がっていると思い、考えました。

精霊デッキがセット販売されている

精霊デッキが1400円でセットで販売されています。

このセット、相変わらずですが破格です。

現世のイザナギ」が2枚、「アルミラージ」3枚は非常にうれしい。

頻繁なEX商法はどうかと思いますが、セット販売は初心者を増やすこと、微課金者には非常に助かります。

他のカードゲームだとセット販売されるデッキは値段の割りに合わないイマイチなものもある。

そんななかでCOJポケットのセットはどれも破格です。

これ一つでも十分強いのですが、デッキが非常に尖っているためはじめたばかりの方は「はわわっ」ってなるかなと。

そのためガチ初心者には扱いが難しい。

それから環境が黄色単色の精霊には向かい風です。

決まったときの爽快感は高く、相手のイライラはマックスになるのは相変わらずですが…。

精霊デッキが逆境に立たされた理由

精霊デッキは、自分の場に精霊ユニットを3体以上並べて進化ユニット「アルミラージ」を出し、強制的に無防備にした相手から大量に得点することを目指すデッキです。

場に3体以上ユニットを必要とすることがネックになります。

Pack5で追加されました。「破壊少女シヴァ」の登場です。

今までも赤が苦手ではありました。特に「原初神ガイア」ですね。

しかし、タッチでも投入できるシヴァはどこから飛んでくるかわかりません。

さらに早い段階から飛んできます。

このカードが環境に与えた影響はすさまじく、横に並べることを前提とするデッキは巨人以外だと非常に厳しくなりました。

なかでも精霊は昆虫をはじめとしたほかの種族と違いBPを上昇される手段がほとんどなく、インターセプトなどで無理やり上昇を狙うとデッキがいびつになります。

相手が場を整える前に勝負を決したい精霊にとって早さも重要。

余計なカード、応用が利かないカードは本来の動きを鈍らせるため邪魔になる。

どうしても一工夫必要になります。

とにかく3体いればいい

相手の場にユニットが何体いようと精霊側は自分のターン、「アルミラージ」込みで3体ユニットがいればいいわけです。

このことを前提に検討してみます。

召喚術シリーズ

相手が攻撃してきたら発動できる召喚術シリーズ。

一見これで解決できそうですが、相手がPPを使う前に攻撃してきたらせっかく場に戻したユニットが除去されてしまう可能性もあります。

強いですしアリですが、コレだけに頼るのは怖い。

除去されたくないデッキなのに相手次第というのはこの手のデッキでは安定しません。

鏡合わせの祈り

青のインターセプト。

こちらの場には4コスト以下のユニットを、相手の場には2コスト以下のユニットを捨て札から場に戻します。

自分から能動的に動けます。たとえばこんなシーン。

自分の場に「ファンガスガール」がいてこのターン「プリティベル」をキャストします。

プリティベル」を場に出すとき「鏡合わせの祈り」を使用。

アルミラージ」の進化元となるユニットを用意できます。

コスト軽減を含めずいくなら1ターンに必要なPPは7です。高い!

でも個人的には「戦神・毘沙門」よりはこのデッキならマッチしていると思う。



まとめ

破壊されないようにするよりは、破壊されることを前提に構築するとよさそうです。

破壊されなければそのまま「アルミラージ」の呪縛地獄。

破壊されたらどうにか場に低コストで戻せるようにする。

PPを増やす「ライブオンステージ」は簡単にケアされてしまうので軸にはしにくい。

相手の場にユニットが何体居ようと関係ないわけです。そこを上手くつきたい。

次回はこれらを踏まえて構築したデッキを紹介したいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。