『COJポケット』魔導士デッキに魔導の書を入れるのは弱い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

今回は魔導士デッキを組んでみたのでその紹介です。

タイトルにもある通り、「魔導の書」は1枚採用です。

魔導の書は弱い!

魔導士デッキなら「魔導の書」を3枚採用するのが常識と思う人もおられるでしょうが、魔導士デッキの強みはそこではありません。

そもそも「魔導の書」は条件が厳しい。倒されやすい魔導士を横に並べるというのが無理です。

それでいてこれを中心にデッキを作ろうとすると、デッキ構築の幅を狭めてしまいます。

せっかく構築が完成しても有利なデッキが思いつきません。実際ないんじゃないかな。

アクティブにユニットへ触れられない緑にさえ不利が付くと思う。

だったら魔導士は何が強いんだというと、一番の強みはトリガーのこれ。

魔導士の館」です。こいつをいかにして上手く使うかで勝敗が分かれます。

自分のユニットが場に出たときと倒されたときにデッキから魔導士をサーチするこのトリガー。

当然倒されたときに発揮される効果のほうが強いです。

でも破壊してほしいときに破壊できるとは限らない。

そこでマイフェイバリットカード「ジュリエット・R」の出番です。

デッキ紹介

1枚だけ「魔導の書」を採用しましたがすぐ抜きました。

OP4のユニット入れたほうが何倍も強いです。

この枠だけ何か別を考えるとして、今はこんな形のを検証しています。

弱者の回廊」は巨人が流行っているので。これ1枚で黙らせることができます。

対戦動画

動画内では「魔導士の館」を上手く使えていません。ダメじゃねぇか!

手札は常にマックスというわけではありませんが、大体は必要なものがあるので困りません。

その場のものでなんとかなってしまうのもこのデッキの強みです。

それにはあらかじめ動きを予測しておかなければなりません。

手札にコレとコレがあるときはこういう動きができる、という具合です。

というわけで、今回投入したギミックのご紹介。

カンナ&キサラギ&浮遊術&鎮静剤

動画でも最後にこのコンボが決まりました。

4枚のカードを使いますが決定打は高いです。割と決まります。

特に「鎮静剤」の汎用性は高いです。

大魔導士リーナ(手札でオーバークロック)」&「鎮静剤」からの攻撃とか。

相手の場のユニットもある程度はコントロールできるのでリーナの攻撃を受けるか流すかの理不尽な二択を迫ることもできます。

アルシエル&キサラギ

もちろん「黒闇刀のキサラギ」もこのデッキでは恐ろしく汎用性があります。

なかでも「アルシエル」とのギミックは相手ユニットを破壊できること、「アルシエル」のレベルが2で相手にユニットが1体なら確実に1点取れることなど。

さらに「アルシエル」の能力で「黒闇刀のキサラギ」をサルベージすることも可能です。

注意点

ジュリエット・R」は黄色のユニットをリアニメイトできません。

白夜刀のカンナ」を破壊の対象に選択はできますが、場に戻すことはできないということです。

それから効果の順番。

①カンナLv1攻撃(浮遊術)→Lv2に

②キサラギでカンナLv3へ→カンナのオーバークロック効果発動

③鎮痛剤を使うかの選択で使うを選ぶ→カンナLv2になるも行動権は復活している

④Lv2のカンナ攻撃(①のLv1で浮遊術を使っていなければここで使う)→カンナ再びLv3に→もう一度攻撃

これで3点&2体相手ユニット封じです。



まとめ

前回まで紹介していたジュリエットデッキは能動的な動きがほとんどできず、相手が攻めてきたのを受け流して隙を突くデッキでした。

そのため攻撃的な相手には優位になれますが、お互いにらみ合いからドーンとくるデッキには弱いです。

今回の魔導士デッキはカンナとキサラギコンビで自分から仕掛けることもできます。

また魔導士ということで手札の補充もでき、何よりわからん殺しができる可能性もあります。

最初「黄金のディアーヌ」で作成を試みましたが、それだと今回紹介したギミックがイマイチ生きませんでした。

ディアーヌで種族を組むなら舞姫デッキのほうが良さそう。

魔導士でデッキを組むにはディアーヌは相性が悪いです。消滅は相性が非常に悪い。

魔導士の館」を生かしたいということでジュリエットとなりました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。