『COJポケット』ジュリエットでジョーカーに(動画アリ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

新EXカード「ジュリエット・R」でJOKERになれました。

今回はCOJポケットでは初の動画付きです。余程うれしかったらしい。

お目汚しではございますが、視聴していただければ幸いです。

最初にデッキ紹介

いろいろとパーツを試しております。

今回の動画で使用していたデッキは上記のもの。勝率は7割。

この構成で20試合しましたが、率直に申してこのデッキは失敗です。

不要なカードが2枚あります。「メデューサ」と「女神の息吹」です。

冥道の召喚術」が半端なく強いのですが、これとの組み合わせを差し引いても「メデューサ」は違いました。

女神の息吹」は「ジュリエット・R」の能力でターン終了時にインターセプトが手札に加わるため、使用できないことが多いです。

女神の息吹」以外のインターセプトは枚数含めてこれがベストなようです。

ほぼ全てのインターセプトが毎試合手札に来ます。

それを前提に試合に望めるのがこのデッキのもう一つの強み。

踏まえての動画

今回は動画内で解説をしていません。解説あったほうがいいでしょうか?

要望があれば今後上げる際はゆっくりによる簡単な解説をさせてもらいます。

さてさて、お相手は海洋デッキでDOBはC。

お相手もいろいろと試されているようです。

簡単に試合解説

私が使用しているデッキは青ですが「封札の死壊石」は入っていません。

しかし、「ファンガスガール」が3枚入っているので十分戦えます。

また、「ミイラくん」を「ジュリエット・R」でぐるぐる使いまわすことで、ハンデスも狙えます。

珍獣や海洋は私のデッキ相手だと戦いにくいのではないでしょうか。

動画内で私の場に「大魔導士リーナ」がいるときに「紫電龍」を出されるシーンがあります。

ここはオーバーライドを相手がされたとき墓地を確認、手札にあることが分かっていてさらに「人の業」を伏せていたのであえて出したところです。

べ、べつにうっかりしていたわけじゃないんだからねっ!

ジュリエット・R」の効果は全て強制です。

自分のユニットを破壊したくないときは自ら下げるかバンザイアタック(倒されることを承知で攻撃すること)をする必要があります。

忘れてターンエンドするとえらい目に会ってしまう(体験談)。

苦手なデッキ

ハンデス

ハンデスです。ご覧の通り、手札の消耗が激しい。

それなのにジョーカーカードは「ヘレティックスカー」一択です。

能動的に動くことができないため「幽世のイザナミ」以外ではライフを奪いにくい。

そのためのヘレスカ。7ライフを奪っての勝利は少ないです。

あとは軽いコンボ前提の動きが多いので、ハンデスされると「ああっ!」となります。

落とされるカードによってはリカバリーが難しい。

一番の天敵です。

アレス珍獣

あとは回っているアレス珍獣

アレス珍獣はカードパワーが高いものが多く、オーバークロックの必要性も従来の珍獣より低いためハンデスだと押し切られてしまいます。

8割くらいの回り方なら勝負できますが、それよりきれいに回られるとキツイ。

勝てないことはないですし、そこそこの回り方をしているアレス珍獣ならDOBがDの相手でも勝てます。



まとめ

COJポケットでははじめて動画をブログ内に載せました。いかがでしょうか。

先ほども書いたとおり、今回は時間の都合もありますが編集ありません。

他のDCGではゆっくりによる簡単な解説を加えたりもさせてもらっています。

来年最初は「黄金のディアーヌ」を使ったデッキを考えています。

もう一つ、違うバージョンの「ジュリエット・R」を使ったデッキもあるので次回はそれも紹介したいと思います。

今回紹介したデッキよりは能動的に動けるデッキです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。