『のぶやぼ』国力がなくて四面楚歌な伊達家『Part1』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

今回から不定期で「信長の野望 大志」のプレイ日記を開始します。

選択大名

今回選んだ大名は皆さんご存知、伊達家です。

伊達家というと国力が高いと思われがちですが、さにあらず。

東北地方は戦国時代後半も群雄割拠が続いておりました。

そんな伊達家。作品によってはパリピにされてしまうちょっとアレな当主を筆頭に、家臣団も癖が強い。

と、申しましても開始時はまだアレな当主ではなく、その父上です。

こちら現当主伊達輝宗です。

この父上が英才教育を施した結果、どこでどう間違えたのか重臣でさえあっさり改易(クビ)する狂乱なご子息が育ってしまいました。

また、ゆくゆくは嫡男と一緒に戦国時代でも引いてしまうことをする近習(側近)を早くからつけます。

その奥方であり、政宗の母上でもある義姫

実子の政宗とは壮絶な親子喧嘩をしたかと思えば仲直りをしたり。

はたまた実子と兄が戦になったら自ら戦場に乗り込んで戦争をやめさせたり。

とにかく行動力がとんでもない奥方です。

戦国武将の妻はかくあるべき(実際はわかりませんが)を体現しております。

ゲームでもそこらにいる武将には勝ってしまう、男勝りなステータスです。

 

ここからは伊達家の愉快な仲間たちの紹介。

伊達家の重臣、片倉小十郎

伊達政宗の右腕とも言える彼ですが、ゲーム内ではすでに輝宗の下で大活躍中です。

どの能力も高く、現在の伊達家の要ともいえます。

彼が戦で提案する陣形「双頭の龍」は、部隊によって攻めと守りの役割を決めそれに従事するというもの。

攻めの部隊は攻撃力が高くなり、守りの部隊は防御力が高くなります。

この、高くなるというのがちょっとやそっとの幅ではありません。

デメリットとしては、守りの部隊の移動速度が大幅にダウンしてしまうことです。

その姉、片倉喜多

表記上、多くの女性武将(姫武将)に苗字が付かないなかで喜多には苗字がついています。

彼女はなんでもできる才女で弟の小十郎や次期当主政宗の教育係でもあります。

同じ教育を受けたはずなのにどうしてこうも違うのか。

伊達家の教育、中枢は彼女が作ったといっても過言ではないと思われます。

ゲーム上では小十郎には届かないものの、使いやすいステータスです。

喜多のもう一人の弟が鬼庭綱元

彼も姉弟と同じく高い水準です。

能力値に60台がないのが特徴。非常に小回りのきく武将です。

現状報告

難易度は上級。姫武将あり。

ゲーム開始から数年が経過しています。

北東北は津軽家、南部家、安東家の3家で熾烈な争い。

この3家とは今のところ外交上のつながりがありません。

南東北は義姫の実家で婚姻関係がある最上家、わが伊達家、蘆名家、小国家が複数です。

当初蘆名家とは同盟関係にありましたが、上杉が伊達家に宣戦布告したことで敵側に回ってしまいました。

今作から戦争するには宣戦布告をする必要があり、周辺国はどちらに付くのか決めます。

なお、決めずに静観することもできます。

その後、上杉とは休戦条約(講和)を結びましたが依然として蘆名家とは敵対状態です。

そしてさらに南には、すでに関東を制圧しかけている北条家がおりまして。

この北条家が今攻略しようとしているのが、伊達家です。なんでだよ。

壮絶なまでにピンチなのです。

一度に動員できる兵士の数が北条は30000弱なのに対し、伊達家は15000とほぼ半分。

相手は国力にものを言わせて毎月のように出兵してきます。

守っているだけでは何も解決しません。

できれば北条の国力を削ぎつつ蘆名家をけん制したい。

幸い直接接している城は一つなので多方面から進行される心配はありません。

まとめ

プレイヤーとしては非常に熱い展開です。

大国を相手に中堅がいかにしてしのぐのか。

戦争が長引くと民忠が下がるため落としどころも早々に決めなければなりません。

また、今作は兵糧の価値が非常に高いです。

連戦を重ねること自体が兵糧攻めにもなります。

内政は簡素化され調略はなくなりましたが、今後のアップデートで増えていくとのこと。

戦争は野戦しかありませんが、その野戦が難しいのです。

次回は実際の戦争画面も交えてお送りしたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。