『COJポケット』ジュリエットを使いたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

COJポケットの記事が続いております。

今回はEX偉人パックに封入されている「ジュリエット・R」を使ったデッキ。

ジュリエット・Rとは

青の3コストユニット。種族は舞姫。スタッツはBP4000/5000/6000です。

場に出たとき2コスト以下の青のユニットを捨て札から場に戻せます。

自身が持つ効果のせいでジュリエットを出しっぱなしにしていると、場にジュリエット以外ユニットが残りません。

そのかわりインターセプトカードは手札に増えていきます。

はっきり言って使いにくいです。

場に戻す効果は強い。任意で選んでユニットを破壊できるのも強い。インセプを持ってこられるのも強い。

でも場にユニット増えない。致命的問題っ。

デッキの紹介

ジュリエット・R」はすごく美味しい調味料です。

これ1枚では仕事ができませんが、青のユニットがいれば際立たせます。

デッキの構造は青のイザナミ・ブラフマーデッキが軸。

ロキ」がいなくてもインターセプトには困りません。

構築上もったいなのは「大魔導士リーナ」の効果を1つ削ってしまうところ。

攻撃時に不死を生贄にレベル2以上のユニットを破壊する能力が発動される機会はほぼありません。

珍獣を完全に切れるなら「ファンガスガール」を不死のユニットにできますが…。

強い動き

場にユニットは増えませんが、それを差し引いても普通に強いです。

BP4000も関係なし。これが3000だったらやばかった。

先手で強い動きの一例として、

1ターン:「不死魔導士ミザリィ」を場に出す。

2ターン:青の2コスト以下のユニットをトリガーゾーンにさして軽減コストに。その後「ジュリエット・R」をだす。すると場にはミザリィ、ジュリエット、2コスト以下のユニット1体の計3体。

この動きが最も強い。マーヤ出せません。ベルゼ出せません。緑の大型ユニット出せません。

だしてもいいよ?除去して次のターン1点ダメージ与えるけれどそれでもよければ。

そんな動きです。序盤から相手の動きをけん制できます。

だからといって受身ではなく、攻めることもできる。攻めれるコントロール。

デッキのキーポイント

序盤はいかにして「不死魔導士ミザリィ」を使いまわせるか。任意に破壊できる状況に持っていけるかです。

中盤以降は「シャドウメイジ」でプレッシャーをかけます。

このデッキでレベル3を場に残すのは自殺行為なので大体のプレイヤーは下げてくれるのです。

手札に「幽世のイザナミ」がなかったとしても。ブラフがすごく効果的なデッキ。

こっちがブラフかましてるつもりなくても勝手に相手が思い込んでくれます。

この2体を捨て札から必要に応じて引っ張れて、なおかつ破壊できるのが「ジュリエット・R」。

注意点

ジュリエットを出しっぱなしにしないようにするのが最大の注意点。

状況に応じて場にユニットを増やしたいときは下げる必要があります。

そうしないとジリ貧になるのはこちらです。

あと、インターセプトはターン終了時に引っ張ってくるためトリガーゾーンにさせるのは次の自分ターン終了時。

EX大喬との比較

テキストを見ただけだと扱いにくそうなのですが、実際使うと評価が変わります。

EX大喬」は場に戻すユニットを選べません。ターン終了時にランダムです。

この差が思いのほか大きかった。あと自分で破壊する効果を持っていること。

どちらも入れるのもアリかと思いますが、出す順番にも気を使わなければなりません。

最初にジュリエットの効果が発動して大喬を破壊しなければならなくなったら泣くに泣けない。



まとめ

弱点は赤の焼きに特化したデッキです。ミザリィで捌き切れない。

次は何を使ってみようかな。

最後までお読みいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。