『COJポケット』四聖獣は対珍獣で相性が良いかもしれない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

四聖獣デッキを作り、イベントですが30試合近くまわしました。

今回は検証の試合数が少なめです。年の瀬だからね。

デッキ紹介(必須枠)

いろいろ試行錯誤を繰り返した結果、必須枠は上のようになるんじゃないかと思われます。

この時点でDOBは25でBです。

2コスト枠

初手の2コスト枠は「ソードダンサー」になりました。

ここもいくつか試しました。サーチ系、精霊系、「白夜刀のカンナ」です。

結論から申せば、ここは加護持ちが一番良い。

私は「ソードダンサー」にしましたが「聖天使ニケ」でも「麒麟」でも良いかと思います。

一番丸いのは「ソードダンサー」です。なぜ加護持ちか。トリロス対策です。

加護持ちであれば「ラミエル」以外は防げます。

トリロスで入る可能性が高い3コストは「ラミエル」「聖夜のメリィ」「テューポーン・デルタ」の3体。

このうち2体をトリガーゾーンにさすことなく対策できます。

対策とは言っても相手は「インペリアルソード」からアタックはできますが、それなら返しにこちらもアタックです。

金の卵

ターン開始時に自分のライフが3以下のとき自分のCPを+3できるインターセプト。

私が赤の序盤に対して出した解答がこちら。

序盤、盤面を更地にされて、だからといって3体以上は残してくれないから「ライブオンステージ」は発動できず、ライフをゴリゴリ削られ。

だったらもう最初はくれてやる。

その代わり後半まで勝負がもつれたらそれはこちらにくれ。

スラムダンクの流川が仙道に対してたてた作戦と同じ心境です。ええ。

相手も「ライブオンステージ」は警戒しますが「金の卵」は警戒しません。

むしろライブ警戒でユニット下げてくれたりもします。

無限の魔法石は3枚積める

手札が減らないし、どれを捨てたら良いのかも困りません。

正直どれ捨てても良いです。状況に応じて選べばよい。

持ってくるカードは前半なら「ユグドラシル」で後半なら「黄龍」か「金の卵」。

黄龍」は除去としてみます。加護とか関係なく取り除けます。

デッキ紹介(完成枠)

空いている枠に私が選んだ結果がこちら。

いつも思うんですけれど、あのスカートもう少しひるがえんないかな。

奮迅のレオ

3枚目の「人の業」であり、4枚目の「黄龍」。対黄色に輝きます。

後半手札で腐りやすい「ソードダンサー」とシナジーもあるのが良いところ。

なお珍獣には腐ります。

2枚目の人の業

黄色と赤対策。

1枚見せると2枚目は警戒されません。

盤面とられるのが嫌なので2枚積んでいます。なお珍獣には腐ります。

余談です「現世のイザナギ」は怖くありません。

朱雀」が無我の境地を与えてくれるので。

珍獣と相性が良い

ただでさえ「ユグドラシル」と「セイクリッドフィールド」で辛いのに、「黄龍」の貫通と加護がさらに追い討ちとなります。

1コストでブロックするにも貫通でダメージが通り、オーバークロックの除去もほぼ通りません。



まとめ

イベントは珍獣が多かった。あとは赤黄色。

来るとわかっている珍獣は強いけれどそこまで怖くないですからね。

ギニューがゴクウの体をチェンジしてもゴハンに通用しなかったアレと同じで。

にしても。イベントでまで切断ってどうなのよ。しかもジョーカーランクでC珍獣使って。

プレイヤーモラルとランクは関係ないとはいえ…。無粋だなと。

今回多かった。10回届くかなくらい切断されたんじゃないかな。

なかにはこちらのライフ1になって時間使い切る煽りまでして。

でもこちらの動きがもろもろ決まって切断って。

この四聖獣デッキはライフ1だろうとヘレスカじゃなければ十分逆転の目があるんです。

とにかく私が言いたいのは、通信状況などやむをえないなら仕方がないにしても故意の切断はダメ!絶対。

ここまで読ませてなんだよと思われた方もいると思います。申し訳ないです。

あまりに多いので書かせていただきました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

前:イケメン四聖獣と黄龍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。