『COJポケット』控えめに言って強かった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

今回は加護盗賊完成編です。タイトルの通り、控えめに言って強い。

南風のニンリルが調整される

ずっと能力を持たないバニラユニットだった「南風のニンリル」がついに調整されました。

改めて能力を見ると「コスト4以上の緑ユニットが召喚されたとき、カードを1枚引く」というもの。

コスト4以上の緑ユニットが「ハッパロイド」と同じ能力を持つ、ということですね。

ハッパロイド」が強いことは折り紙つきです。

もちろん、「南風のニンリル」も強いと思われる。

しかも今期、OPが4だっていうから、使わない手はありません。

デッキ紹介

DOBは23でB。ジョーカーは安定の「セイクリッドフィールド」です。

せっかくイベントが来ているのでイベントでひたすらまわしています。

南風のニンリル」で対象になるのは「ユグドラシル」「エリートシーフ」「統制者ヴィシュヌ」の3体。

特に「エリートシーフ」は自身の能力でも1ドローできるためデッキの回転率を上げるのに大きく貢献してくれます。

インターセプトとトリガー

インターセプトは好みになります。

青のを入れても良いし、もっと肉弾戦ができるようにしても良い。

今回は珍獣と「暴虐王バアル」をにらんで「封札の聖王具」を2枚チョイス。

絶対に入れるべきなのは「不可侵防壁」を2枚と「グループ・オペレーション」1枚です。

無限の魔法石」は2枚で。3だと多そうです。

ユニット

絶対に入れなければならないのは「破壊少女シヴァ」。

これを3枚持っていないのであれば、加護盗賊を組むのは難しい。

何が強いって、手札をボロボロにして「統制者ヴィシュヌ」を出し、「破壊少女シヴァ」で一掃する動きです。

これが一番の必勝パターンになります。

余談ですが、「王の治癒力」は味方ユニットのダメージも受けません。

使い方

初手:バンシー 後手:南風のニンリル

間違っても後手「見習いシーフ」はキープしないように!

コイツの出番は中盤以降で序盤に仕事はありません。

デッキですが、序盤はとても弱いです。場を構築する必要があるのでとても地味。

いかにして「ユグドラシル」か「統制者ヴィシュヌ」を場に出したターンに「セイクリッドフィールド」を打つかにかかっています。

そのためターン終了ボタンはできるだけ早く押さなければなりません。

間違ってもこの2体を出した次のターンにジョーカーを使おう、とは考えないように!

必ず出したターンに使えるようにしましょう。

それまでは「ロキ」で誤魔化したい。

ライフ4点くらいまでなら削られても大丈夫。そのための「グループ・オペレーション」です。

ジョーカーを打ち、相手のターンを1度でもしのげば青以外にならほぼ勝ち。

このデッキ、珍獣(C珍獣まで)、巨人、トリガーロスト、精霊には一度も負けたことがありません。

英雄に1度負けました。「EX劉備」が強かった。「EX曹操」にも分けてほしい。

どんなにがんばっても勝てない唯一の相手は青軸のデッキだけです。

青相手のときだけは相手次第。




まとめ

今回で加護盗賊はひとまず終了です。

思うに、今回の緑ユニットの部分は他のデッキにも応用できると思います。

それくらい鉄板に感じました。

変えるとしたら「見習いシーフ」を「タナトス」に変えればマリガンが楽にはなるかなと思います。

資産はあるのに勝てずにお困りの方、ぜひ試してください。

南風のニンリル」がOP4なのは今期だけだと思うので。

最後までお読みいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。