『ドラクエライバルズ』テリーが流行っているので

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

ゼシカが下方調整されて一強から三つ巴の戦いになりました。

やられる前にやるテリー

今回の調整でテリーに影響があるカードは「亡者のひとだま」でしょう。

もたもたしているとピサロに倒されてしまうので、対策できなければコントロールは厳しい。

これらを踏まえて、やられる前に倒してしまうスピードを追求したい。

とは言っても、軽いユニットだけだと簡単にいなされてしまいます。

このバランスが難しい。

デッキ紹介

私がミッションをクリアするために使っているテリーです。

ミッションは早々にこなしてしまいたいので勝ちを目指しています。

亡者のひとだま」がナーフされたので最初は「りゅうき兵」をチョイス。

のちのち殴り合いになることが多いので「シールドオーガ」のほうが強いかも。

マミー」は対テリーと対ピサロで大活躍します。

このデッキで相手の攻撃を1ターン封じることができるのは強い。

くさった死体」だと武器以外にはそれこそ腐ってしまいますが、「マミー」であればそんなことはありません。

ギガスラッシュ」は1枚のみ採用。本当は「ギガブレイク」にしたいけれど持っていませんでした。

星2カードは作りたくないんですよね。

今はもう3ターン目までに同じ縦1列にユニットを出すプレイヤーは少ないです。

その他(1コストとメタル勢)

初手に「メラゴースト」があってもすぐに出すのではなく、ほぼほぼ入っている「はぐれメタル」を対象にしたい。

モーモン」は今回不採用です。個人的にはあまり魅力を感じません。

いたずらもぐら」と「おばけキャンドル」で十分かなと。

1コスト4体入れると手札が尽きるの早いんですよね。

はやぶさ斬り」はノーダメージの「はぐれメタル」を1コストで処理できる貴重なカード。

このゲームは「はぐれメタル」が先手後手の分岐になることが多いため、必ず処理できるようにしておきたい。

同じ理由で「メタルキング」も1枚採用しています。

前のターンに「メタルキング」を出して場に残し、このターンに

攻撃→テンションリンクで手札に→もう一度MPを5払って場に出す

これで6点確定です。この動きで勝つこともあるので1枚は外せません。



まとめ

ライバルズはカードプールが広そうで狭いため新しいデッキは作れないと思います。

2月に新弾をリリースするらしいので、それまで待つしかない。

1回目の追加は早くても良いと思うんですけれどね。

環境が固まるには3ヶ月必要というのは、ある程度カードが追加されたカードゲームです。

まだ初弾しかないドラクエライバルズはもう環境固まっているし新しいデッキも生まれようがない。

この前の生放送でも新しい情報ほとんどありませんでした。

観戦機能復活と定期で大会します、ということくらい。

使用率は面白かった。あからさまに使われているキャラクターで差が開いています。

上3人と下4人の間には大きな溝が…。

ゼシカが急降下してピサロが上がるということは、低資産で組めるとか関係なかったってことですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。