『COJポケット』加護盗賊は成立するのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。アイキャッチ画像をご覧ください。ポーカーかな?

今回はアーケードで一世風靡した加護盗賊がそろそろ組めるのかどうかです。

加護盗賊とは

私は元アーケードプレイヤーですが、加護盗賊が流行しているときは既に引退していました。

仕事帰りに寄っていたゲーセンがつぶれてしまいまして、引退せざるを得なかったんですね。

ゲーセンが街から消えていく。お金があれば私も通うんですけど。

違う地域に住んでいた学生時代の友人は当時続けていて、彼曰く「加護盗賊マジ加護ちゃん」って言っていたのを思い出しました。

その彼から簡単にではありますが聞いたところ、

・青緑デッキで盗賊を中心に組まれている

・「見習いシーフ」をはじめとしたハンデスで嫌がらせ

・「統制者ヴィシュヌ」などの屈強な緑ユニットで場を制圧

・ジョーカーカード「セイクリッドフィールド」でさらにガチガチ

・横並びのデッキには「破壊少女シヴァ」で終わらせる

というデッキらしい。当時の私は「なるほど。わからん」状態。

すったもんだがあって今回追加されたPack5は上のカードが収録され、「これ、作れるんじゃね?」となったわけです。

スポイラーを見ての最初の感想はそれでした。

とりあえずデッキを組む

DOBは20でBです。あまり負けませんでした。ストレスフリー。

前回紹介した「EX曹操デッキ」でガッツリとランクを下げてしまいましたが(SS4まで下がった)、Jランクまではあっさりと到達。

ということは、加護盗賊デッキとしての方向性は正しいのかな?

キープ基準は、

先手:「バンシー」 後手「タナトス

普通です。

珍獣相手のときにすぐハンデスを使うより相手の手札にカードが揃い始める中盤に使うと効果的なようです。

珍獣と赤のデッキに勝てなければこのデッキの価値はないと思っております。

しっかりプレイしたいです(自戒)。

ここを変えたい!

ちょいちょい「なんか違うな」というところもあるんですよね。

ユニット回りで言えば、「タナトス」です。コレ違うな。

いやちょっときいてくださいよ!

最初は「タナトス」じゃなかったんです。「南風のニンリル」でした。

スポイラーでは「緑の4コスト以上のユニットが自分の場に出たら1ドロー」って能力なのに、今は調整中とのことでバニラユニットなんです。

知らないで数試合使って「あれ?バグかな?」って思ってしまいました。オーマイガッ!

バニラでは勝てませんでしたが「タナトス」に変更後は勝てるように。

ロキ」は素で出すよりも手札でオーバークロックさせて出すのが強い。

バンシー」がデッキに入っているので揃いやすいです。

破壊少女シヴァ」は最近見かけなくなった精霊デッキへ。

手札にあって腐ることはまずないカードです。かわいいし。

インセプ&トリガーであれば「ムーンセイヴァー」が浮いている。「人の業」は2枚ほしい。

グループ・オペレーション」は対青で効果を発揮しました。

弱肉強食」は最近多い昆虫デッキへの解答として投入。



編集後記

最初は「Pack5のリリース早過ぎないかな?」と思っておりましたが、この追加は成功。

あとはプロモーションを上手くできれば盛り上がりそうです。

今は初心者キャンペーンを延長して12/21の13:59までにはじめるとPack3とPack4を20パックずつのプレゼントがもらえます。

常に応援キャンペーンをしているわけではないので、今がチャンス!

この応援キャンペーンで配布されるパックとセットデッキ買えば十分一線で戦えます。

新規プレイヤーを広めるチャンスでもありますね。

残念ながら私には近くに友人がいないので…ええ。

最後までお読みいただきありがとうございます。南海キャンディーズ、M-1残念だったな~。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。