『COJポケット』刺撃のスコーピオをご存じ?『お蔵入り』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

新エージェント「赤羽 猛」を使いたいから、なぜか「刺撃のスコーピオ」を使いたいに気持ちが変わっていました。

刺撃のスコーピオとは

 

2コストでBP5000の青ユニット。

赤のユニットが自分の場にいたら任意のユニットにスピードムーブを与えます。

まずBP5000は良いところですね。

同じく2コストで効果は違えど天星ユニットである「圧殺のタウロス」はBP2000です。

余談ですがこのゲームはハンデスを強いとみている節があります。

オーバーライド(手札で同じユニットを重ねる)が強力なシステムなので、それをつぶせるハンデスはいわずもがな、なのでしょう。

話しを戻して、赤のユニットがいるときにスピードムーブ。

これを活かしたい。真っ先に思いついたのは「EX曹操」です。



そーそーっ!(三国志大戦のLE馬超のように)

三国志大戦懐かしい。またやりたいけれどお金がね。ないんです。

私、このCOJポケットの曹操かなり好きで(ダメすぎるところが特に)なんとか活躍させたい。

インペリアルソード」でいいじゃんと仰る方もおられると思います。

しかし、このソード自体は殴れません(インターセプトなので当然です)。

刺撃のスコーピオ」が強いのはアタックで出払った赤勢。

その返しの相手のアタックのブロッカーになるところ。

あとは他のインターセプトカードにスペースを割けるところです。

この2つの利点は侮れません。

諦めるムーブ

まず、後手1ターン目からスピードムーブを得ての奇襲はできません。

相手が緑でなければほぼ決まる「テューポーン・デルタ」と「インペリアルソード」のコンボ。

トリガーゾーンに伏せカードがなければ確実に除去できる「聖夜のメリィ」とのコンボ。

この辺りの序盤コンボは諦めなければなりません。

スピードムーブを付与するのに2コスト使うところ。

このデメリットもメリット並みに大きいです。

デモンズロア

今期は猛君のジョーカーは全てOP6です。大盤振る舞い。

その彼から何を今回のデッキに使うか。

トリガーロストなら2枚トリガーゾーンから破壊&2ドローの「ギルティアッシュ」なのでしょう。

しかし今回は相手のユニット全てに攻撃禁止&防御禁止を与えてしてしまう「デモンズロア」を選択。

ガッツリ対緑をにらんでいます。緑以外はデッキでなんとかなる。

デッキでどうにもできない部分をジョーカーにお願いしました。

にしても猛君。ノリノリである。

デッキ紹介?

そんなものはない。手を変え品を変えていった結果、曹操が抜けました。

結論から申し上げてどうがんばってもデッキになりません。

控えめに言って弱い。歴代最弱じゃないかな。

まあ勝てません。SS4まで下がる始末。曹操(SOUSOU)だけに。やかましいわ。

曹操がすごく足を引っ張っています。稀代の英雄。乱世の奸雄。

まず赤でBP勝負する必要がない。

さらに、時代は赤を求めていない。ものすごい突風で向かい風。曹操は逆走してます。

それでも赤で普通に組めばいけますが、曹操はちょっと無理ですね。

まとめ

ひとまず曹操デッキは今回で終了です。またなにか思いついたら今度こそ紹介させていただきます。

次回は先ほど少しだけ話題にも挙げた青緑ハンデスデッキを考えています。

こちらはガチ。曹操デッキも真面目に考えていたんですよ?

天星デッキも面白そうなんですよね。運用が難しそうですが。

今の環境で何が何でも勝ちたいのであれば青を握ると良いと思います。弱点少ないので。

一度青はさもうかな。あとその対策法とかも。対青は対策をきちんとしていれば勝てるデッキじゃないかな?

二日間待って。

最後までお読みいただきありがとうございます。今回画像ないな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。