『DXM』こりゃ引退かな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

少し無理をして「海母神 テティス」を2枚入手してデッキを組みましたが、これは無理ですね。

もう恨み節しか残ってない。

対戦した勢力図

CプラスからAプラスまでは問題なく到達できました。

ここまででどの勢力に当たったのかを控えています。

Aまでは以下のようになりました。

オリンポス>イズモ>アスガルド>ルクソール>トリニティ

資産が少なくても組める勢力、オリンポスはキャンペーンでレジェンダリーを入手できることも重なって一番多い。

次に、AからAプラスです。AプラスはSランクともマッチングしますね。

ルクソール>アスガルド>オリンポス=トリニティ>イズモ

イズモは一人とも当たっていません。0人です。

上位陣は全体除去があるコントロールを使っています。



コントロールが強いゲーム

私のなかで、このDCGはコントロールが強いゲームと結論が出ました。

どうがんばっても無理。まくることはできません。

海母神 テティス」を入れようとどんなに速攻に寄せようと、無理です。

対ルクソールにいたっては0勝です。

なぜこのようなことになっているのでしょうか。

ルクソールとアスガルド

アスガルドとルクソールの違いはドレインにあります。

どちらも全体除去、個別除去とありますがこのドレインの差は非常に大きい。

アスガルドはドレインするのではなく自身が回復するカード、ユニットを回復するカードが多い。

一方でルクソールはダメージを与えつつガーディアンを回復するカードが多い。

そのためルクソールを相手にしたときは削り切れないという自体が起きます。

ルクソールが強くないというなら

ちょくちょくルクソールの話題を出すと「そこまでではない」という意見をもらいます。

オリンポスをメインにつかってる人が言うならまだわかるんですけどね。

使用率も高いわけです。実際私も対戦相手を数えて多かった。

強いから多いんですよね。シシララ杯もオリンポスだけいませんでしたし。

資産が揃っていないルクソールは見る影もなく弱いですが、揃ったルクソールは最強でしょう。

なぜ調整が入らないのか不思議なくらいです。

もう無理

キミがナンバーワンだ。

資産が無制限にあるならまだやりようはあります。

しかし、以前から何度か書いている通り、このゲームはレジェンダリーの価値がほかのゲームより高いので簡単にそろえることができません。

途中参入ならなおさらです。1枚レジェンダリー作るのにコモン400枚砕けと。

デッキに入れることができる上限は2枚。レジェンダリーの種類も多いです。

私は度々安価デッキをここで紹介していますがルクソールに関しては無理です。

作ることはできるんですけど、Sランク相手に勝てるデッキは作れません。

まとめ

というわけで、引退に気持ちは傾いています。

考えても無理だし見本もないしアンチカードもないし。

エピックまでなら大体試しましたがどれもイマイチ。解答にはなりませんでした。

ホムンクルスのクローリン」が効果を発揮するのは対コントロールではなくて対ビートなんですよね。

コントロール相手に小型ユニットが複数体生き残ることはありません。

Aランクまでは面白いです。元々ゲームシステムは面白いしいろんなデッキと当たるので。

負けても発見があるし「やられた~」となります。

負けてランク下げるのは嫌なので自己申告でCランクまで戻れないかな。

今日一日デュエルエクスマキナオンリーで考えてそれでも無理なら引退。

私がコントロール使うのが一番早いんですけれどね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。