『ドラクエライバルズ』メタをどうするか『考察』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

ドラクエライバルズでどちらにメタを絞ろうか悩んでいます。

相変わらずミネアコントロール(たまに奇数ミネア)を使っています。

ミネアコントロール

以前紹介したときとは若干変わりました。

フィニッシャーが不足していたので「ゾーマ」を投入。

その代わり超必殺の「天変地異」はアウトしました。

打てない、打っても解決できないなど信頼できない部分がありました。

あとは「いたずらもぐら」も追加。

深く考えることなくテンションをグルグルまわせるようになったので良い仕事をしてくれます。

相手もこのもぐらは放っておかないためプレイヤーへのダメージ軽減に擬似的になっております。



ゼシカかテリーかピサロか

環境で多いのはこの3人ではないでしょうか。

ゼシカは言わずもがな、現環境のトップ。組んで使ってみましたが酷すぎる。

ゼシカについては以前のブログ参照(宣伝)→ミネアはいけるかもしれない

元々ピサロも多いと思っておりましたが、某カードゲームのプロが公開したせいか増えたように思います。

これも「銀のタロット」を中盤までに打っているかどうか。

ゼシカほど緊急性は求められませんが、打てなきゃ負けます。

テリーはミッドレンジだと辛い。大体ゼシカと同じ展開になります。

コントロールであれば「雷鳴の剣」を「くさった死体」でつぶせるかどうか。

つぶせれば有利。できなきゃ辛い。ここは引きですね。

以下、「銀のタロット」を中盤までに打てている前提の話。

VSピサロ

順番めちゃくちゃですが、まずはピサロから。

ピサロは相手がMPをどれくらいの速度で伸ばすか、伸ばした後に何を最初に出すかで楽か辛いかが分かれます。

お互いのMPが10になればこちらが楽なんじゃないかなと。

こちらがMP7のとき「ゾーマ」出されるとすごく辛い。とにかく「闇の衣」が強い。

グラコス」ならなんとか。

一連の動きをどのように対策するかを考えるわけですが、今の状態から対策できているのでこれ以上は不要かなと思います。

ピサロへの勝率はそこまで悪くありません。

VSゼシカ

運営がなんとかしてくれると思って放置。

こんなの対策するだけ無理。くじ引きで凶を引いたと思って次へ切り替えましょう。

こちらが後手で2ターン目に「銀のタロット」をうち、3ターン目に「ガチャコッコ」でワンチャンス生まれるのかな?くらい。

相手が返しに「亡者のひとだま」出してきたら無理。

VSテリー

動きはゼシカに似ているものの、装備品は対策できるのと相手もダメージを受けるのでまだ何とかなりそうです。

実はDCG大好きな友人もミネアつかっていて、「カミュ」1枚と「くさった死体」も1枚入れている徹底っぷり。

勝てる可能性がある相手ならその目をのばせる構築をしておきたいとのこと。

模擬戦で私がテリーを使って対戦しましたが、「カミュ」は刺さりました。

相手によっては完全に腐ってしまうのでもう少しスタッツがほしかった。

まとめ

友人とは、ゼシカは(がんばるけれど)諦める、テリーは対策を盛るとなりました。

ピサロは過剰に対策しても他が窮屈になるので現状維持。

今週調整入れば良いな。

最後までお読みいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。