『COJポケット』没デッキ案『山のようにある』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

Pack5のリリース以降、いろんなデッキを考えては消すを繰り返しております。

今回はそんななかで没となったデッキを2つご紹介。

ハンデスデッキ

DOBはBです。

滅王アレキサンダー」が入手できたので早速組んでみました。

サイクロプス」と「ゴーレム」の痛烈なデメリットを打ち消して、序盤から積極的に戦闘に参加させます。

それを「見習いシーフ」と「エリートシーフ」、「圧殺のタウロス」のハンデス衆でフォローします。

2ドローというゲームの性質やランダムなどで1枚のハンデスは今ひとつ頼りないですが、相手への嫌がらせを主な目的としています。

珍獣への最強な嫌がらせデッキ。珍獣にはまず負けません。C珍獣にも勝てた。

しかし、他のデッキには勝てません!ダメじゃねぇか!

そのせいで勝ち負けがトントン。イーブンです。

ご覧の通り、ランクが微動だにしない。オーマイガッ!

改善したら光るかもしれない点

本末転倒ですがアレキサンダー要らないです。

ゴーレム、サイクロプスも不要。このBPでも赤には抜かれてしまいました。

それならいっそうのことダメージを重ねることができない王の治癒力を採用するべき。

BP勝負の角度を変えるといけるんじゃないかな?と。

デッキが重くなりそうなので「ライブオンステージ」がほしい。

でもユニットを出しても場の解決はできないので、そこが辛い。

青デッキには壊滅的ですね。どう改善しても勝ち目がない。

トリロスデッキ

DOBはBです。

ネメシス」を試したかった。アタック時に全体へ1000ダメージ与えるのがどうなのか。

これは相手だけではなく味方にもダメージを与えます。

スピードムーブが付いているので奇襲としては強いです。

特にサーチ珍獣を壁にしてやり過ごそうとしている相手の場へは絶大な強さを誇りました。

あとは「破壊少女シヴァ」の強さを再認識。こいつはやべぇや。

燃え広がる戦火」でダメージレースを早くします。

できるだけ中盤までにライフを削りきってしまいたい。

改善できるのかわからんが考える

トリガーロストにこだわるとやけどしそうです。

燃え広がる戦火はかなり強かった。これやべぇぞ。

ただし!やりがちですが「暴虐王バアル」まで入れるとこっちが早く死ぬ!

試してみたらどうしようもなかった。

相手が計算している以上に早く自爆する!

余談ですが今期「献身のフェアリ」OP2なんですね。お得。

トリガーロストよりもスピードムーブデッキに注目したデッキのほうが強そうです。

青はかなりメタれそう。攻撃→引っ込めるor「人身御供」の繰り返し。

まとめ

今のままでは2つともデッキとして成立していません。

改善できれば再度ここで掲載したいと思います。

特にハンデスはかなり手ごたえがあります。

改善できるところもわかっているので、あとはチョイスですね。

トリロスはお蔵入りしそうです。これ改善するには半分以上カード変えなければなりません。

もはやそれではトリロスではない。

最後までお読みいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。