『COJポケット』昆虫デッキでユグドラをどうにかしたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

前回、昆虫デッキが復権できるかどうか考えました。今回はその続編です。

昆虫デッキの天敵

昆虫デッキはデッキの性質上小型ユニットをならべてそれを強化していくのがもっとも王道とされる攻め方です

ギザルゴン」や「グラスホッパーガール」などで全体強化をしつつ、貫通を持つユニットで無理やりダメージを通してしまおう、というもの。

パピヨンガール」でダメージを与えるのも除去も大事ですがBPを下げるのも目的。

2コスト以下のユニットで構成されること、大型ユニットを除去するのが難しいことがまず弱点となります。

そうです。「ユグドラシル」です。まずはコイツをなんとかしないといかん。

出されただけで投了はデッキコンセプトとしては欠陥です。

どうにか「ユグドラシル」を対処できないか考えていたところ、数枚の候補が上がりました。



大魔導士リーナ

完璧な個別除去。条件もなく相手の厄介なユニットを除去できます。

まず最初に試したのが彼女、「大魔導士リーナ」でした。

数試合試した感想ですが、重い。昆虫デッキに5コストは非常に重いです。

ただ感触は悪くはない。特に小型ユニットを「ユグドラシル」に頼りっきりのデッキには効果てき面。

ファフニール

1コスト軽いということで、除去ではありませんが「ファフニール」も実験してみました。

シーズン最初期は気にせずいろいろ試せて楽しい。

結論からいって、ないです。

まず、成長しきった「ユグドラシル」がとまらないこと、アタック前に処理されること多数。

キャプテン・キッド

3コストで相手の場にユニットが3体以上いるときにスピードムーブを得る「キャプテン・キッド」。

これがよかった。まず軽い。「ユグドラシル」が場に出た返しにスピム付きでアタックできます。

相手も緑という特性から並べているんですね。ほぼほぼスピムがつきました。

もう一つ、それは警戒していないスピードムーブで相手にダメージを与えることができました。

この二つ目の理由のほうがむしろ強いです。何せ昆虫からスピムは普通でてこない。

さらに、同系対決で相手の「アーミーアント」も除去できます。

調整版デッキ

どうにかDOBをAにしました。

インペイルメントをジョーカーにすることで、最悪1体除去できます。

早くに盤面を作り上げて「なんかよくわからん」という間に相手を倒してしまいたい。

持久戦に持ち込まれると厳しいですね。手札の消費も激しい。

ホークアイ・ショット」が2枚入っているのは、貫通もちの攻撃でダメージを通しつつ除もしたいため。

このデッキは貫通持ちが2種類入っているので生きる場面も多いです。

クイーンアント」が中心ではなく、デッキの一部になってしまっているのが悲しい。

まとめ

ひとまず昆虫デッキはこれで出来上がりです。

全てのデッキに対応できるわけではありません。

たとえば「ユグドラシル」に加護が付いたら無理です。

ジョーカーを変更すれば対応可能ですが、そうするとDOBをAにするのが難しそうです。

次はどんなデッキを作ろうか、考え中であります。

最後までお読みいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。