『COJポケット』昆虫復権なるか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

Pack5導入でメンテがちょくちょく入りますね。

昆虫デッキを組んでみよう

以前、戦士デッキが意外とやりおるということを書きました。

その記事はこちらです。お暇なら読んでね!

戦士デッキが強かった

より安価に組めるのが昆虫デッキです。

今回はそれに新カードなど、昆虫で勝利を狙って組んだらということでデッキを考えました。

なかなかえげつない動きをします。

デッキ紹介

まだ仮組みの段階ですが、元々必須パーツも多いデッキのため調整しても変更点は少なさそう。

新カードからは「クイーンアント」と「グリーンアント」を採用。

クイーンアント」は生きている限り場に昆虫をわらわら呼びます。

アタック時に昆虫へスピードムーブを与えますが、昆虫が攻撃することで誘発する能力をもつユニットは「ターボモスキート」くらい。

それならさ採用するしかないじゃない!

グリーンアント」は「生産工場」を内蔵したユニット。

手札を枯渇させることなく攻め立てたい昆虫デッキにはうってつけといえるでしょう。



進化を入れやすくなった

昆虫は進化ユニットを入れにくい傾向にありましたが、手札補充や場へ補填できるカードが増えたため進化カードも視野に入れることができるように。

今回は無難に「裁きのマーヤ」を入れています。

あとは「魔槍のリリム」も面白そうです。このデッキにはトリガー破壊のカードが入っていないので。

緑であれば「鬼神・スサノオ」がよさそう。強制防御を当てることで相手への選択肢を減らせます。

進化カードはメタ次第、何を対策したいのかになりそうですね。

ユニット優先

インターセプトやトリガーは必要最小限、もしかしたら必要なものまで削っているかもしれません。

今後調整していき不要だな、いまいちだなというユニットから変更していければと思います。

個人的にはまっすぐなデッキなので、柔軟性が欲しいところ。

コンセプトとしてはわかりやすさも一つ入っているので(セット販売の昆虫デッキには若葉マークがついている)まず、今回の仮組みはこんな感じで。

動画撮影を悩む

COJポケットの対戦動画を載せようか企画しています。

ニコニコ動画やyoutubeにはあまりアップされてないようです。

動画を交えて紹介するのが初心者や初級者のプレイヤーには活字よりもわかりやすいと思うんですよね。

撮影してアップして名人様が出てくるのかな、と思うとなかなか踏み切れません。

まとめ

環境は青に傾くと見ています。イザナミデッキがかなり強化されました。

ケアするのが非常に難しく、下手すると一強になるのではないかとも危惧してしまうほどです。

青は従来赤に弱い属性ですが、それを克服したとなるとバランスが色単位で崩れてしまいます。

デッキタイプの優劣ならいざ知らず、色での崩壊はちょっとマズイ。

何より青には沈黙を与えるユニットも多くいるので、

そうならないことを切に願うばかりです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。