『DXM』初心忘れるべからず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

オリンポスでルクソールをぶっ潰すシリーズ第二回です。

アイキャッチは私の心境を語っています。

そのままで良いのか

AからAプラスになって3勝したところで、ふと思いました。

レジェンダリーをふんだんに使ったデッキで良いのか?否!

ここは初心者に優しいブログを目指しているんじゃないか!

そこからレジェンダリーは誰もがもらえるカードに枚数も絞り再構築しました。

またAに戻りましたが度重なる負けから学びましたよ。

つぶす具体案を考える前にまずSランクになろうと。大事。目先の利益。

そして、なりました。



かなり安価なオリンポスデッキ

レジェンダリーは「軍狼神 アレース」1枚と「水晶術師 ジアー」1枚です。

エピックが「オケアニドの助勢」2枚と「オリンポスの魂送祭」2枚。

アグロに組んでルクソールに勝つには8ターン目までに勝負をつけなければなりません。

速攻、速攻、速攻です。

立ち回り(対ルクソール、アスガルド)

①-1 序盤はHP2以上のユニットしか出さない。なければふくろう。

→「テーバイの重装歩兵」と「エルフの地術士」、「海馬 ヒッポキャンパス」、「サティロスの短弓兵

①-2 地形は積極的に配置。配置場所は後列。前列に配置して「憤猪 ラースボア」を前列に配置できないときがあるため

②-ルクソール

→「ミイラの兵長」が厄介なので「アーモロートの収穫者」を初手にほしい。他の除去だとアド損

②-アスガルド

→「永夜神 ノート」を除去しなければ詰むので彼女を除去するまで他のユニットにはギリギリまで除去を使わない

③ この2勢力のときは縦に並べて出す。横に広げて展開すると相手のHPを削れない。余談でイズモが相手のときは縦に置くのは厳禁

④ 全体除去が飛んでくるこの2勢力は序盤から中盤初期をふくろうで場を水増ししてごまかしたい。手札を減らすのは中盤からが理想。しかし、まごつくと対処できないユニットを出されるので見極めが超難しい。

有利な相手

ずばりトリニティには有利付くと思います。ほとんど負けませんでした。

イズモは低コストワラには有利。中速はどうなんだろう。

同系のオリンポスはハデスにはやや不利です。

まとめ

速攻デッキというのはごまかしの部分もあります。相手が分けわかんないうちに倒すというところです。

ごまかしを消した、明確な解答を探したいです。

全体の勝率は6割。ギリギリでの昇格です。

アスガルドへの戦い方はなんとなくわかってきました。

アスガルドはボードコントロールなのかな?

全体除去をされてもキーカードを落とせば立て直せそうです。

それでも終盤は不利なので終盤手前では決めてしまいたい。

ルクソールはまだよくわかりません。

本来コントロールデッキが相手の行動を受けていくはずなのに、なぜかアグロが受けに回っている不思議。

まだまだ険しいです。この山。剣山です。

Sランクにはどうにかなれたので、持っているレジェンダリーを使ってルクソールという名のペルシア軍にかみつきたい。

初心者に向ける、ということ

今回書いたような、この相手にはこう立ち回るといいんじゃないかという対抗手段を公式でやってくれれば良いんですよ。

この勢力に弱いとかではなくて、具体的に苦手なカードを出してくれると初心者は取っ付きやすい。

初心者はなぜ弱いのか、強いのかがわからないんです。

AがBに弱い。なぜか。○○ってカードがあるからだよ。どうすればいいの?こうやってケアします。みたいな感じ。

自分の主軸の動かし方だけではなくて、相手の動きに対応する方法。

多くの初心者がつまずくのはここではないかと思っています。

それを考えるのがカードゲームといえばそれまでですが、初心者にそれを求めるのは酷です。

私は格闘ゲームも少しですがプレイしています。

一時期に始めた人がワッと増えたことがありますがサッと減りました。

それに似ている部分があります。今はワッと増えているとき。

私はサッと減ってほしくないので、できるだけその目線でブログ書いているつもりです。

デュエルエクスマキナはまだまだ初心者の部類ですけど。

デッキ構築は公式でも公開していますが、それ以外の情報が出回りにくいゲームです。

ゲームで大事なのは立ち回り、なんですよね。

一つ立ち回りがわかると自信にもつながります。なんとかならないのかな。

最後までお読みいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。