肩の力抜けよ『負けたときのメンタルシリーズ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

みなさん、負けてますか!私はガッツリ負けております!

今回は記事というよりはブログというか、ぶっちゃける。

人間だもの。スマホを投げたくなるときもある

負けが混むとスマホを投げたくなりますよね。

ウォーブレでラピスに轢かれた!まさに圧殺!アレに似てる。クイズで最終問題。正解者には1万点ってやつ。

COJポケットでC珍獣引いちまった!画面を眺めているだけ。動画かな?

ドラクエライバルズ。稼動2週間くらいなのに寝ても覚めてもゼシカしか相手にこない!ライバルはゼシカですか?

DXMは…これといって手のつけられないデッキはない現状。あれ?バランスよくね?

最後のDXMは置いといて、DCGやってると理不尽な圧死は結構出会います。

このときのおススメなメンタル維持は以前書きました。これ。

負けが混んだとき(11/15の記事)

最近はリンクカード使わないで挿入リンクにしている。

スマホで見てくれている人はこっちのほうが見やすいかなって。



もちつけ!

負けたっていいじゃない。私たちはプロじゃない。

それでメシ食ってるわけじゃない。食いたいけれど。

肩の力抜けよ、な?(タイトル回収)。

余談。私の感覚で他の人はわからないのですが、一番イラッとするのは同じデッキに5回以上連続で当たったとき。

勝ち負けではない。さすがに飽きる。これはMTGやっていたときから変わりません。

大きい大会。7回戦の大会で5回戦まで親和デッキとしか当たらなかったときは、もう「親和オブギャザリングに改名しろ」とまで思っていました。

メインデッキからメタっていたから勝てはする。でも超絶面白くない。作業。

私も落ち着け。そろそろ怒られる。

負けたっていいじゃない

負けたっていいじゃない。

スマホでカードゲームが遊べない時期は一試合の比重が大きかった。

だから負けると「なんだよ~」ってなる。一週間、それだけ考えて望む時期もあった。

もうそれは病気ですが。

今はスマホで自分が起きている限り、寝てなければいくらでも遊べる。

上を目指す!海賊王になる!って人には良くないのかもしれないけれど、イチ、ゲームです。

勝利にこだわるのも一つの遊び方です。

ただ、デッキを組んでそれを試す。思い通りにいったら「ニヤリ」とする。

これだってDCGの遊び方の一つです。DCG負け犬の私はそう思っています。

それでも負けが混んだらイラッとはしますけどね(結局どっち?)。

まとめ

私のDCGの遊び方は

①-1デッキ全体でシステムが作れないかを考える

①-2カード1枚テーマを決めてそれを活かすデッキを考える(勝ち負けは二の次。作ったシステムが動いたら成功)

②流行のデッキに対抗できるデッキを考える

③いろんなデッキに負けたらプレイング含めどこに問題があるのか動画を見直す

④是が非でも勝つデッキを考える

数字が小さいほうでいつもは遊んでいます。

④になるのは何かスイッチが入ったとき。目が据わる。

いろんな遊び方がありますよね。十人十色。

勝利にこだわるとメンタルもちませんでな。

どうしても勝利にこだわるのであれば、気の許せる仲間がいると良いですよ。

一人だとどんなにがんばっても限界があります。

最後までお読みいただきありがとうございます。不快な部分があったらごめんなさい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。