『COJポケット』試しに精霊を使ってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

文句ばかり言っても仕方がない。敵を知る!ということで精霊デッキを使ってみました。

精霊デッキ(サンプル)

かなりオーソドックスな精霊デッキです。DOBはB。

ライブオンステージ」を3枚投入。このデッキで入らない理由がない。

試しに数試合しました。やばいやばいやばい。

ちょっとした心霊現象に遭遇したくらいやばい。

そして対策デッキを考えるのが馬鹿馬鹿しくなるくらいには強い。

いまさら運用方法もないとは思いますが、基本的な勝ちパターンを紹介。

①2コストの精霊を3体並べます(軽減してでも可能な限り早く並べる)。

②そのとき一番仕事をしそうもない精霊に「アルミラージ」を重ねる。

③相手に「アルミラージ」以上のBPが場に2体以上いたら、ほかの精霊から攻撃して行動権消費&呪縛。いなければ「アルミラージ」から攻撃。

④大体勝ち

おかしくね?新しいソリティアというか。

対巨人のように高BPの加護持ちがいても関係ない。



弱点も見えた

弱点は焼きですね。

進化させても相手の場に3体以上精霊がいなければ良い。

それが難しいのは言うまでもないことですが、できないことはない。

緑単色はカモがネギ背負って鍋まで持ってくるのと同じということがわかりました。

それだけで収穫は十分。ついに「ブロウ・アップ」を入れるときがきたのか!?

赤なら何でも良いですね。とにかくBP3000焼ければ何でも良い。

青は厳しい。手札の消費が激しいのでメタにするならハンデスでしょうか。

黄なら「ジャンプー」などのバウンス。黄色の基本ですね。

あと対精霊に限り「聖吹の精シルフ」がかなり刺さりそう。

3体並ぶので「ライブオンステージ」からの「戦神・毘沙門」も簡単です。

緑は遅延させる目的で「ユグドラシル」。ただ少しの遅延にしかなりません。

扱いが難しいですが「ロック・フォール」はかなり刺さります。

ただし「アルミラージ」は条件を満たすとトリガーゾーンのカードをバウンスしてしまうので注意が必要。

まとめ

精霊側はそろえれば勝ちですが、対策する側は成功しても勝ちではない。

この差は非常に大きいです。

これ精霊デッキ組むのが一番良い。手っ取り早い。

ゲームを遊ぶというよりも若干の作業感は否めません。

今勝てなくて困っているプレイヤーは精霊に鞍替えするのも一つの手ではないでしょうか。

資産も今回のサンプルに寄せる必要は必ずしもなくてとりあえず黄色の精霊をぶち込んでいけば完成です。

それ以外はデコレーションです。好きに組めます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。