『DXM』イベントマッチで使ったデッキ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

今回はイベントマッチ『メフィスト仮面舞踏会』で使ったデッキのご紹介。

イベントマッチにここまで深く参加したのは初めて。楽しいイベントでした。

メシーカ大活躍?

今回はメフィストで新しく登場した使いきりの地形がテーマでした。

常に地形が生成されているということで、上手く使いたい。

最初は地脈の力や地形生成を利用したオリンポスデッキを使っていました。

たとえば「紋豹 ウォッチジャガー」や「メシーカの樹術師」が入っています。

しかし、地形が出来上がるのは相手のターン開始時。どうにも応用がきかない。

羽蛇神 ケツァルコアトル」がベストカードなのはわかっていても持っていない!

でも方向性は間違えていないはず。今の資産でもいけるはず。




守りに変更

オリンポスということでイケイケドンドンなデッキを使っていましたが、方向性を180度変えて守りに重点をおきました。

これが成功。このデッキにしてからは負け数1です。我ながら良くできた。

今回のイベントでよく当たったのはイズモの1コスワラとトリニティ。

速攻を持ったイズモは早いですし、トリニティはイベント内容にとてもマッチしている様子。

元々硬いユニットが多いためでしょうか。

どちらも地形を上手く活用しているデッキです。そこを逆手に取りたかった。

デッキ紹介

ガーディアンをハデスにしたのはイズモが多かったためです。

今回「泥擬人 マッドゴーレム」と「地脈竜の逆鱗」がとても刺さりました。

マッドゴーレムは1:2交換をほぼ確実にとれ、逆鱗はほぼマスト除去。

私が大好きな「屍擬人 コープスゴーレム」と「暗夜神 ニュクス」の組み合わせ。

コープスゴーレムが殴ってからニュクスでブン投げることも可能。

トリニティはそもそも相手を殴らず直接ダメージを与えるニュクスが活躍しました。

魔射手 バルバトス」はユニットを成長させる地形、喝采の仮面に呼ぶと凄まじい成長を見せます。

これはランクマッチでも使えるんじゃないかと思うほど。

問題はランクマッチで使おうとすると喝采の仮面は勢力がアスガルドという…。

まとめ

イベントに参加することで新しい発見もありますね。

特に喝采の仮面とバルバトスの組み合わせは本当に強かった。

とにかくバルバトス守っていれば勝ち、という試合も何度かありました。

順位はとても10位以内に入れる気がしません。

試合数をこなせてなおかつ勝ちを重ねなければならない。修羅の道。

私にはまだ10位以内を目指す実力はなさそうです。いつかたおす。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

☆以前書いた記事です☆

『DXM』仮組み完成披露会『ニュクス』

『DXM』自分のなかで評価が変わったカード

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。