『COJポケット』赤緑英雄デッキ『DOB41』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

今まで組んでいた英雄デッキで精霊に勝てなくなってきたので調整しました。

緑単色の限界

今まで緑単色の英雄デッキを組んでいました。

ACEまではこのデッキでも十分勝ち越せていたので使い続けていたんですね。

作りとしてはかなりオーソドックスなものとなります。

しかしACEになってから勝てなくなった。そうこうしているうちにKランクへ落ちてしまう始末。

緑単色だと進化ユニットへのけん制がまったくないんですよね。

人の業」だと毘沙門!くらいにしか効き目ないですし。

緑の2コスト精霊「鼓舞の精ノーム」も考えましたが、黄色の進化ユニットへのけん制にはならない。

そこで新手が必要と考えました。

赤緑英雄デッキ

DOBは41のAです。

赤の2コスト精霊「火弦の精サラマンドラ」だけでは飽き足らず「烈火の侍」まで投入。

烈火の侍」は珍獣への対策にもなります。

インペリアルソード」はお守りというか、まさかを起こしてくれるカード。

うちの組織にまさかはない(by七曜会)。

ランスロット」の貫通をより活かしたいので「ホークアイ・ショット」を1枚から2枚に増加。

変更したいところ

蠅魔王ベルゼブブ」が意外と仕事しない。

巨人相手では焼き切れず、精霊相手だと3体以上になっていて運任せ。

ここは巨人対策を入れたいですが、赤と緑では無理。

またまた巨人相手のときになりますが、トリガーゾーンの伏せ合いになるのでここをロストできるカードがほしい。

0ptでいいので自由枠ですね。

まとめ

一度DOBをAで組んでしまうともうBには戻れませんね。

どうしてもA基準で組んでしまう。

そうするとデッキ構築の幅が狭まってしまう。悪循環。

C構築で勝ちを重視するのも効率重視といえるしA構築にして勝ったときのボーナスで稼ぐのも効率重視といえる。

切断へのペナルティが発表されましたね。

COJポケットも他のDCGの例に漏れず切断プレイヤーがそこそこいます。

負けが確定したら負けを認めないと。それがゲームのルールですよ!

今後このペナルティがどのように働くのか期待です。

最後までお読みいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。