『COJポケット』精霊を食べたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

こんなに精霊が多いならもう他のデッキをケアするよりも精霊だけをメタにすればいいんじゃないか?

今回、あまりにも精霊にボコボコにされたため緊急更新です。

基本COJポケットは3日に2回の更新を目安にしているんです。

でもいたたまれないというか。やられっぱなしは嫌!

せっかくランク上がったのに連戦で絡まれて戻るという始末。酷い始末。



粉微塵

ひたすらに精霊をメタにしたデッキ。DOBは20でBです。

英雄は知らん。珍獣も知らん。精霊にさえ勝てれば良い。そんな意気込み。

ここまで精霊ばかりだとメタを尖らせても良いんじゃないか?というのが動機。

姿かたちは違えど結局やることは「アルミラージ」からの集団攻撃。

だったらもう粉微塵、場にのこさねぇよ!クソが!

ちょっと精霊にボコボコで激オコです。この表現、懐かしい。

元来、私が一番好きなのは赤なんです!

ベルゼにさえつなげばいい

とりあえず「蠅魔王ベルゼブブ」にさえつなげば良い。

精霊のほとんどはBP5000以下です。焼けます。

5コストの二人「アルミラージ」と「アリエル」くらいなもの。

ここで問題にあるのが黄緑の折衷型精霊デッキ。

これには「妖精王妃ティターニア」というキラーカードが入ってしまいます。

焼けない…。

EX鳳凰

場に出たとき伏せカードを2枚まで破壊する、さらに自身もスピードムーブ持ちというまさにトリロスの申し子。

万が一、伏せカードを展開してきても2枚までなら大丈夫!

精霊デッキは序盤から手札の消費が激しいのが弱点といえば弱点。

伏せカードっていうと遊○王を思い出す。やったことないけれど漫画はみていました。

加護では無理

巨人デッキは精霊に不利とみています。

というのも黄色にはこちらの行動権を一気に消費するカードが多いため。

代表的なところでいうと「現世のイザナギ」ですね。

ここから一気に畳み掛けられます。これがきつい。

ただでさえ「アルミラージ」によるマスト1点がありますからね。

その次に加護で防衛を図っても遅い。加護では無理です。

その結果がひたすら焼く!

まとめ

なんだかんだでメタが回っているとも言えてしまうのが悔しいです!

ゲームスピードが今まで以上に速くなったため新規参入がの難易度が上がってしまった感はしますが、一強ではないかなと思います。

DCGはどうしても一強になりがちなので、その点良い傾向ではないでしょうか。

ただ強いデッキ、弱いデッキの差が広がりつつありますね。

運営にはもう少しマイルドな調整を望みます。

サイドボード構築がないDCGなので、とがったデッキは相性がモロに出てしまう。

当たった瞬間に勝敗が決まるのはキツくないですか?

今回は短めですがここまでです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

『COJポケット/ウォーブレ』DCGをはじめよう(前編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。