『ドラクエライバルズ』簡単!ゼシカバーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

今回は巷で大流行しているゼシカバーンについてです。なんてお安いデッキだこと!

ゼシカバーンとは

魔法使いゼシカのデッキ。

ゼシカは「メラミ」や「メラゾーマ」などの特技カードによる火力、ゼシカのテンションスキル「紅蓮の火球(3点ダメージ)」で相手を焼き切るデッキです。

あとは小型ユニットを序盤から展開して相手のHPをゴリゴリ削っていきます。

やることが一直線で非常にわかりやすいこと、カードのパーツが低レアリティで資産が揃っていない初期でも初心者に大変お勧めできるデッキです。

苦手なデッキは回復を攻めにも生かせるククールデッキ(僧侶)になります。

ゼシカ対ゼシカのときはテンションスキルのことから後攻が圧倒的有利。

弱点は手札の減りが早いことですが、倒されたときに特技カードを引っ張ってくる「マジックフライ」や、

ゲーム中に使った特技カードをデッキのトップに置く「ドルイド」など、カバーできるカードにも恵まれています。

本当に隙がない職業です。

デッキサンプル紹介

安価に組む意識をしなくても安価で組めてしまう恐ろしさ。

今回はあえて安価に組んでいますが、もちろん星2星3を入れれば入れるほど強くはなります。

でも入れなくても十分強いです。今回は星1までで作りました。

必ず入れたいユニットとして「亡者のひとだま」があります。

4コストで効果の対象にならないため肉弾戦に持ち込むしかないのですが、5/4というのはなかなかのスタッツです。

ゲーム上最高のスタッツではないでしょうか。このユニットと一番相性良いのは今回紹介しているゼシカです。



ピンクタイフーン

縦1列にいるユニット全てに1点のダメージを与え、倒せなくても次のターン攻撃不能にします。

効果を発揮するのは同系である対ゼシカのとき。

ゼシカのときは得てして並べあいになります。

特技カードや場に居るユニットで相手のダメージソースをつぶす暇があるならプレイヤーを攻撃したい。

そこで活躍するのが「ピンクタイフーン」です。

相手の行動を1ターン封じてしまうのが本当に強い。

そうすると相手は焼くしかできません。でも焼くなら焼かれるで問題ありません。

早詠みの杖

強みは0コストによる特技カードであること。

もう一つは「イオナズン」を5コストで打てることです。

特技カードを0コストで使えるということは、「メイジキメラ」の攻撃力を簡単にあげることができます。

イオナズン」を5コストで打てる→同系に超有利取れます。

といろいろ書きましたが、保険です。

立ち回り

基本ユニットで攻撃するのは相手プレイヤーです。

相手のユニットはできるだけ特技で処理したい。

除去できる特技カードが手札にないときでも相手プレイヤーを攻撃することを念頭に動くべき。

とにかくダメージレースで優位を取ることが大切です。

最初にも書きましたが、それだけに動きは本当に単純。

まとめ

低資産でも強力なデッキが組めてしまうゼシカ。

まだはじめたばかりでなかなか勝てない人は一度試してみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。