『ウォーブレ』はじめてシェドを組んでみた『シェド』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

はじめてシェドのデッキを組んでみたのでその感想です。

シェドで組む動機

マグナで「豪菌種 セルゲイト」を使ったデッキを考えていて、これシェドのほうが向いてるよねと常日頃思っていました。

現在、ログインボーナスでシェドのPRカード「魔法連刃のミネルヴァ」がもらえるキャンペーンを行っています。

このタイミングでしょ!ということで組んでみることに。

でもBITもなければシェドのカード資産もない始末。なんという始末。

というわけで、組むと決めてからBIT貯めの毎日が始まりました。

そして17000BIT。がんばったよ。

GCを1枚で組む

シェドのカードをみてみると、実戦向けなGCって少ないですね。

これをみると確かにマグナはGCに恵まれているといわれているのがわかります。

絶対に必要なGCとして「雷神 インドラ」でしょうか。

決意の華王 アン・サリヴァン」もかなり強いですが、今回相手ユニットを回復するカードが入らないので不採用となりました。

GCは1枚ですが、PRカードで「魔法結界のフローラ」はユニットを強固にしたいので採用。1枚1800BITという破格。

高いだけはあってこのカードが場に居れば肉弾戦では負けません。



デッキ紹介

パワー低めだけどタフネス大きめなユニットを出して「ファジー・ブリッツ」や「豪菌種 セルゲイト」でコスト以上の働きを期待するデッキ。

狡犬 リベリー」「機械鎌のデネヴ」「荊緑神 リャナンシー」辺りですね。

特にリャナンシーを強化できたときは強い。

アブソーブ5/5はなかなか破格ではないでしょうか。

華の女傑 ベル・クラウト」も1枚採用したいところ。

この辺りはいろいろ試してみて、ですね。

聖剣チャンドラはシェドで入れない理由がない。聖剣はもう1枚入れても良いかなと思っています。

相手を除去するスペルが少ないですが、アブソーブでダメージレースには勝てるかなと。

ライフが21以上になれるなら本当にやばかった。

ミネルヴァが手に入ったら

ミネルヴァが手に入ったら「追憶の聖戦士 シルヴィア」と交代する予定です。

それを見越して「戦士の休息 キアナ」が入っています。

そうすると「ジェリス」も試してみたいですね。

ミネルヴァ、キアナ、ジェリスの3枚は相性良いと思うのですが、どうでしょうか。

これも試してみたいところ。

動きのイメージとしてはマグナの「権高な論者 イプシロン」よりは地味ですが…。

このデッキはイプシロンには強いですね。パワー0にされてもリカバリーが簡単にできるので。

まとめ

マグナ、タオシンときてついにシェドに手を出してしまいました。

はじめての勢力は試してみたいことが多くてデッキを考えているのも楽しいですね。

40枚では足りないよ!ってなります。

まずはミネルヴァがどれくらい有用なカードなのか、どうやって生かしていけるかを煮詰めたいですね。

一戦ごとの勝った負けたではなくて、どういう動きをするのかをみていきたい。

あとは医者デッキですね。今はまだ資産の問題から難しいですが、新弾きたら追加カード次第では本格的に作れると思うんですよね。

あと2枚くらい有用なカードがあれば十分なのですが。

本来ミネルヴァが揃ってから記事にしようと思っていましたが、「ひゃっはー、もう辛抱ならねぇぜ!」ということで書いてしまいました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。