『DXM』仮組み完成披露会『ニュクス』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

今回はついにニュクスデッキの仮枠が出来たのでそのお披露目です。

方向性を変えてみる

ニュクスの効果を発揮するにはターン終了時、ニュクスの前にユニットが必要です。

今までは4ターン目前線に生贄をおき、5ターン目その後衛にニュクスを考えていました。

しかし、この方向性で上手くいくのだろうか。

試してみたところ、とても不安定でした。

4ターン目に生贄となるユニットは癖が強いものが多いことや、相手の返しに除去されてニュクスが着陸できない、というシーンも見受けられました。

オーマイガッ!

そこで、4ターン目にこだわらなくても良いんじゃないか?という結論になりました。

といいますか、こだわったらすごくいびつなデッキになりました。

新たな出会い

相手のターンに除去されること前提でデッキを組めばいいんじゃないか?

屍擬人 コープスゴーレム」を使ったらいいじゃない!

 

もう少しかわいいか綺麗なユニットがわしは良かった。

相手のターンにコイツを2回除去するのはちょっと無理です。

そこで、7ターン目にコープスゴーレム、8ターン目にニュクスでどうよ!

出会ってはいけない二人が出会いましたね。この組み合わせは強かった。

コープスゴーレムはニュクスがいなくても強かった。

誰だよ!このお方を弱いとか事前に評価した人!私だよ!

…本当に申し訳ない。

仮組みデッキ

細かいところはまだつめていませんが、屋台骨はできました。

今回「アテナイの操舵手」も実験として投入しています。

破壊されたときデッキから兵士カードを1枚手札に加えます。1/2でコスト2。

デッキ内に入っている兵士カードは「アテナイの海兵」「サテュロスの短弓兵」「テーバイの重装投槍兵」です。

このなかからどれかを引くということ。正直どれでも強いんじゃないかな。

2コストの操舵手からもし短弓兵へとつなげることができればかなり強い。

オケアニドの海洋

海洋にいるユニットのATKをターン終了時まで挙げる土地です。

これでATKを底上げしてさらにニュクスで投げた際のダメージを上げる目論見。

当然この土地の前はガードされてしまいます。

大体は前衛後衛にユニットを重ねてきます。

そこで今検討しているのが「ゼウスの降雷」です。縦一列の相手ユニットに2点ダメージを与えます。

宮廷道化師 アルレッキーノ

今流行の一枚。3コストで3/1です。

場に出たとき相手ユニット1体と同名カードを手札に加えます。

主にトリニティへの対策や「魔領主 メフィスト」をコピーしたい。

メフィスト多すぎ!誰と対戦しても大体出てくる。

魔人魚 ウェバル

今デッキへの投入を考えている1枚。6コストで4/5です。

相手が回復したとき6点のダメージを与えます。対ルクソールです。

ルクソールは必ず回復カードが入っていますね。あとはトリニティ。

ただ相手に回復カードが入っていないと腐ってしまう。スタッツが高いのは救いですが。

強引に回復させるカードがあれば良いんですけどね。

まとめ

トリニティが増えましたね。あとオリンポス。

オリンポスはキャンペーンで「軍狼神 アレース」がもらえるってのも大きそう。

キャンペーンを一通りクリアするとオリンポスセットもらえます。

ケラウノスの制裁」が違うのかな。除去にコストさきたくないんですよね。

まだまだ骨組み。ここからどう変わるのか、ですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

『DXM』アーモロートの仮面屋に出会った『カード考察』

【DMM.com 電子書籍】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。