『DXM』アーモロートの仮面屋に出会った『カード考察』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

今回はデュエルエクスマキナの新弾メフィストの看板レジェンドであり、

さらに私がイラストのかっこよさに惹かれて作った(作ってしまった)『暗夜神 ニュクス』を無理やり活かしたデッキを作りたいと思います。

これから作るんだよ!もう出来ているわけではないんだよ!

30分茹でたのがこちら、みたいな3分クッキング的なアレはありません。

注文を受けてから麺を打つそば職人に近い。

暗夜神 ニュクス

5コストでスタッツは3/3です。

能力として毎ターン目の前にいる味方ユニットを生贄にささげてそのユニットのATKを相手プレイヤーに与えます。

これが本当に微妙としか良いようがない。

対象がプレイヤーかユニットであれば強かったんです。でもプレイヤーだけなんです。

結局は「スパルタの突撃号令」なんですよ。

そんで、毎ターンとありますが毎ターンは無理です。大体次の相手ターンには倒されます。

だったらなぜ作ったのか。昔を思い出しちまったんですよ。イラストがMTGのカードの雰囲気そのものなんです。

これが悲劇の始まりだったのは言うに及ばず。

デッキを考えよう!

ではでは、考えましょう。

デュエルエクスマキナはほかのDCGと違ってデッキ作成も独特です。

正直私も把握できていません!企画に一抹の不安を覚えます。

マナのかけら4000かかったんですよ!無駄にしたくないじゃない。

どうせなら高いATK

オリンポスが使えて5コスト以下で高いATKというと、こんな感じでしょうか。

デメリット持ちが多いです。

火竜 サラマンダー

4コストでスタッツは5/3。毎ターンATKがマイナス1されていきます。

素のスタッツでは最高のATKです。

彷徨えるゴーレム

4コストでスタッツは4/4。破壊されると左右の味方ユニットに4点ダメージを与えます。

対戦でもよくみるゴーレムで配置次第ではデメリットがなくなります。

幻惑鳥 セイレーン

4コストでスタッツは4/2。召喚時1マス前の相手ユニットをランダムな横1マスに強制移動します。

デメリットなしながら倒されやすい。2は低いです。

幻竜 ミラージュドラゴン

4コストでスタッツは4/6。自分のターン開始時に手札に戻ります。

タフネス6は魅力的です。でも毎ターン戻る。

デメリットを消してしまおう

ここで今回の表題、「アーモロートの仮面屋」が出てきます。

このカードが倒されたとき、地形を無の仮面にします。この地形、ここに召喚したユニットを封印してしまうのです。

封印とは、メリットもデメリットも消してしまう能力。

これで上で挙げたカードのデメリットを消してしまえば良いじゃない!天才か!?

このノリ疲れるな。

まとめ

ここまでで入れるカード(候補含む)は

・暗夜神 ニュクス 2枚

・アーモロートの仮面屋 2枚

・火竜 サラマンダー、彷徨えるゴーレム、幻惑鳥 セイレーン、幻竜 ミラージュドラゴンから数枚

ここまでです。4コストに集中していますね。

ここで挙げたカード以外にも4コストなら「テーバイの重装投槍兵」もスタッツは3/2ですが場に出たとき2点ダメージを与えます。

合計ダメージは5です。採用したい。

マナカーブが山のような形になって、とてもまずいです。デッキが回りません。

余談

考えていてふと思ったんですけど、条件はあれど1枚で解決できるカードがあるんですよ。

羽蛇神 ケツァルコアトル」っていうんですけど。レジェンダリー。ナキタイ。

あとログインボーナスがかなりイケてる感じに調整されたようです。その量、従来の3倍以上!

圧倒的ではないか!わが軍は!

やっぱりこのノリ無理だ。疲れる。

最後までお読みいただきありがとうございます。

『DXM』アテナ・グレモリー『コンボ』

【DMM.com 電子書籍】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。