『COJポケット』流行デッキの考察

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

今回は流行デッキの考察です。

黄色精霊

今の環境でデッキの強さとDOBを天秤にかけたときおいしいのは黄色です。

DOBがAくらいなら楽に組めてしまいます。

アーケードも今のECHO以後はわかりませんが、それ以前は盛るなら黄色でした。

今のポケットにもその現象が起きています。

これは黄色のキーカードが軒並み進化にあるので、進化元はOP4でも問題ないためですね。

また、消滅カードを手札に加えるカードも豊富なためドローソースにも困りません。

精霊デッキ

代表的なデッキは黄色精霊デッキ。

黄色は精霊をサーチできる「プリティベル」や武闘派の「シルフの騎士」をはじめ2コストに優秀な精霊が集まっています。

また進化カード「アルミラージ」は自身も精霊であり能力発動の条件を簡単に満たします。

その進化カードをサーチできる「イーリス」も精霊カード。

EXで追加された「デモニホ」は3コストで精霊、しかもOP4と破格です。

書いていて組みたくなってきますね。楽しそうです。

珍獣

多くの派生種類があります。なかでもDOPがCの珍獣ともなると負けることはまずない、とまで言われています。

もちろんネタでありたとえ表現ですが、それくらい強いということです。

珍獣の魅力はカード資産がなくても強力なデッキを組めるところにあります。

一度回り始めると1分間丸まるオーバーライドを見せ付けることになるので、使っている側は非常に楽しい。

相手をしているプレイヤーは街~運命の交差点~に出てくる桂馬に倒されたジェロニモのような顔になること請け合い。

赤緑珍獣デッキ

珍獣は本当に種類が多くあります。

なかでも最近メキメキと強さが増した赤緑珍獣デッキ。EXで「狂神アレス」を手に入れたため。

素の状態でも強いこのカード。オーバークロックすると相手に1ダメージを与えます。

珍獣を相手にしているときの1ダメージは他のデッキを相手にしたときよりも重く感じます。

大体みんなスピードムーブを得たように殴ってきます。

ハハッ、たまったものではないぜ!

赤黄(緑)巨人

巨人デッキはセット販売のせいか急に数が増えました。

先ほどの珍獣デッキに対して有利を取れる数少ないデッキ。

DOBもBまでなら楽に組めます。詳しくは下記参照(宣伝)

記事内下のほうで触れています。

『COJポケット』11月上半期巨人デッキ『DOB21』

巨人デッキはそれなりの資産がなければ組むことが出来ません。

巨人以外で入れるべきカードとしては「原初神ガイア」でしょうか。

個人的には「ライブオンステージ」も入れたいところ。

赤黄巨人デッキ

いきなりですが、巨人デッキは手札の枯渇が早いです。サーチ巨人がいないためですね。

しかし、引いたカードで対処できてしまうカードパワー・デッキパワーがあります。

5コストに「蠅魔王ベルゼブブ」を必ずしも入れる必要はなく、むしろ赤の巨人である「ヴェルフェゴール」を入れたい。

エンジェルビルダー」で他の巨人にも加護を与えることで、個別除去にも強くなります。

弱点としては黄色にとてつもなく弱いところ。

イザナミ

イザナミデッキは相手のユニットを無理やりレベル3にして破壊、ダメージと除去を一手で行うことを目的としています。

コンボ色が濃いデッキで癖も強いです。

私が今一番研究しているデッキでもあります(でへへ)

青単イザナミデッキ

一番辛い相手は、横に2コスト3コストを序盤から並べるデッキです。

レベルアップさせることも出来ませんし、ダメージ除去もできません。

展開の早いデッキですね。珍獣は青という色から得意としています。

また、加護を得ても「冥王ハデス」や沈黙を与えるカードも多いので捌くことが出来ます。

詳しくはイザナミの記事を参照していただければ幸いです。

まとめ

三角関係が上手く出来上がっています。

黄色精霊→赤黄色巨人→珍獣→黄色精霊…という感じです。

ここに青のイザナミがちらちらと入ってきます。

一番扱いやすいのは巨人でしょうか。資産の関係で組み安いのは珍獣。アレスはなくても十分強いです。

11月前期も残り1週間ほどです。みなさんはどのデッキを握りますか?

最後までお読みいただきありがとうございます。

追伸:ドラクエライバルズはじめました。

『ドラクエライバルズ』安価テリーデッキ『最大☆1』

【DMM.com 電子書籍】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。