『ドラクエライバルズ』安価トルネコウイニー『最大☆1』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

今回はドラゴンクエストライバルズのデッキ紹介『トルネコウイニー』です。

ドラクエライバルズの記事を書くのは初めて。緊張しますがいってみましょう。

デッキ紹介

ウイニーとは怪しいソフトのことではなく、低コストで固めて相手を速攻で倒すことをコンセプトとしたデッキの総称を言います。

ご覧いただくとわかるように、1コスト4種8枚。2コスト5種10枚。3コスト2種4枚と低いコスト帯に集中しています。

3コストにいたってはユニットカードが入っていません。

運用など

まずは個別にみていきましょう。

メラゴースト」の能力で1ダメージを与える相手はプレイヤーではなくユニットにしましょう。

除去として使います。そのため相手の場にユニットがいなければ特に序盤は手札に温存します。

たけやりへい」は場に出たとき味方ユニットの攻撃力を+2します。

もちろん場に出すのは自分の場にユニットがいるときです。

たとえば1ターン目「ファーラット」、2ターン目「たけやりへい」を出して「ファーラット」を強化、などの使い方がベター。

超ちからのたね」や「しあわせの巻物」などの攻撃力をアップするカードは、攻撃するときのターンに使いましょう。

もし攻撃前に使いそのユニットが相手ターンで倒されてしまうとその分カードとMPを損してしまいます。

ただし、「オーシャンクロー」だけはケースバイケース。

というのもこのカードは攻撃力アップの特技カードでもHPが上がるためですね。

今回は入れていませんが「成長の果実」のようなHPを増やすカードはユニットを出してそのターンに使うのは、そのユニットを活かすためにアリだと思われます。

改善点

いかずちの杖」が非常にこのデッキでは重く使い勝手が悪いです。変更するならまずここ!

この部分を変えるなら「ごろつき」にするのが丸く、メタ読み(特定のデッキを対策すること)次第では「くさった死体」や「ドラキーマ」、「ぐんたいがに」でしょうか。

個性が出る部分だと思います。

次に「変化の杖」が変更部分。というのも、あまり解決になりません。

最初は「リビングスタチュー」をはじめとする中コストのにおうだちを持つユニット対策で入れていました。

変化させればにおうだちもなくなりダメージが通るためですね。

でもそんなことをする余裕はないしもっと良いカードがありそう。要検討。

あとは「魔法のツボ」もいりません。ウイニーデッキでドローを考えた私が間違いでした。

同じく5コスト「ストーンマン」も他に変えるべきです。

何に変えるかは速さを追求するか、安定を取るかで変わります。

今回は☆1以下で検討しているので、☆2☆3も含めれば何かありそうですよね。

まとめ

まだリリースされたばかりで手探り感は否めませんが、安価デッキの割りに完成度はそこそこだと自負しています。

ドラクエ好きだからはじめたのはいいけれどカードゲーム初心者でどうしたらいいのか分からずお困りの方。

安価トルネコデッキ。ぜひお試しください。

今後はまず安価デッキを中心に載せていこうかなと考えています。

重課金でなければ満足に遊べないという噂もありますが、実際遊んでみたところそんなことはなさそうでひと安心。

最後までお読みいただきありがとうございます。

【DMM.com 電子書籍】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。