『DTCG』カードゲームの暗部『DXM』『ウォーブレ』『COJポケット』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは,、やしちです。

今回はどのゲームにも存在する、いわゆる「暗部」についてです。

なお、今回の雑記は多分に私感が入ります。これも一つの萌え要素。

暗部とはなにか

暗部とは、そのカードゲームのシステム上生まれてしまう強いカードやデッキの総称。

対策が非常に難しく、しかも施した対策が必ずしも対策にならないデッキ。

また、どのデッキにも入ってしまうただただ強いカード。

ウォーブレ

ウォーブレの暗部といえばこのカード。「追憶の聖騎士 シルヴィア」が挙げられます。

能力としては、以下の二つのうちどちらかを選択します。

・場に出たときあなたのユニット全てを+1/+0して戦士種族にインパクト(相手ユニットに多く与えた場合、余った分をプレイヤーに与える能力。MTGでいうトランプル)を与える。

・場に出たときあなたのユニット全てを+0/+1して戦士種族にガーディアン(相手はガーディアンもちのユニットが場にいるときプレイヤーに攻撃できずこのユニットを攻撃する)を与える。

ニュートラルカードというどのデッキにも投入可能な上、4コストと軽いのも特徴。

ウォーブレでこのカードが入っていないデッキを探すほうが難しいでしょう。

現在シルヴィアを手に入れるにはカード生成しかないのですが、生成に必要なBIT(カード生成に必要なコスト。シャドウバースでいうレッドエーテル)は1800と高め。

最上級のGCは5000BIT必要で、次のSRは1500BIT必要です。SRよりも高い!

3枚投入できるので当然3枚必要となります。ここも暗部ポイント高いですね。

初心者にはとても敷居が高いBITです。でも勝つには必要なカード。暗部。

COJポケット

COJポケットの暗部といえば「珍獣デッキ」が挙げられます。

まずCOJポケットのルールで、デッキから引けるカードがなくなったら墓地や取り除かれているカードがデッキとして戻ります。

デッキ切れによる負けがありません。デメリットもありません。

もう一つ。このゲームは同名カードを手札で重ねることでレベルが上がり、レベル3になると場に出たときそのターンから攻撃できます。

いわゆる速攻を得ます。レベル2までは通常、場に出たターンは攻撃できません。

さらにレベル3で場に出たとき初めて効果を発揮するカードもあり、その多くが強力です。

珍獣は以上のことをふんだんに活かしたデッキです。

そもそも珍獣とはなんぞや。

珍獣とはその多くが1コストであり、場に出たときデッキからある程度範囲を絞って手札にユニットを加えます。

たとえば1コストである赤の珍獣「デビルウインナー」は、場に出たときデッキから赤のユニットを手札に加えます。

もし赤のユニットがデッキ内にデビルウインナーともう1種だけだったら、簡単にレベル3ユニットを手札で作ることが出来ます。

そしてデビルウインナーのようなカードは4色中3色にあります。

緑には「ハッパロイド」という場に出たときカードを1枚引く、デッキ回転を早めるカードもあります。

デッキの回転速度が通常のデッキとは段違いなのです。

カードゲームでどういうデッキが強いのか。デッキの回転速度とリソースの多さです。

一度回り始めると止めることは出来ません。対策カードもあっさり割られます。

さらに悪いことに、COJポケットはユニットの攻撃力であるBP1000でもBP7000でも、プレイヤーが受けるダメージは等しく1です。

プレイヤーライフは7です。

一番辛いのは相手がぐるぐるしてるときこちらはソリティアをみているだけです。もう暗部。

デュエルエクスマキナ

デュエルエクスマキナの暗部は先の2つに比べればかわいい。「離魂術師 サナム」です。

前列にいるとき、ATKを+2する。

召喚時、同じ横列のランダムなマスにサナムの二重身(2/2)を出す。

デュエルエクスマキナはます目を使ったカードゲームで、前衛後衛の概念があります。

サナム(2/2)は場に出たときもう1体同じ横列にサナムを出します。

さらに、前衛に出したときオリジナルのサナムは+2/+0、コピーサナムは+0/+2の修正を受けます。

コストは5コスト。5コストですよ。破格です。

コスト比からみるアドバンテージ効果が強力です。

それはデュエルエクスマキナのます目フィールドシステムから受ける恩恵も大きいです。

ユニットの前に相手ユニットが居る場合、原則相手プレイヤーにダメージを与えることができません。

ます目は縦2横3です。横3のうち2マスをサナムで埋めることが出来ます。

サナムはニュートラルカードでどのデッキにも入れることが出来ます。

初心者にとって何がキツイってこのカード、レジェンダリーです。

なお、レジェンダリーの作成はこのゲームでは出来ますが相当辛いです。

最低価値のカード分解で得られるマナのかけら(シャドウバースでいうレッドエーテル)は5です。

レジェンダリー作成に必要なマナのかけらは…2000です!

400枚分解して1枚です。デッキに2枚まで同名カードを入れれるので800枚の分解。

デュエルエクスマキナの一番の暗部はカード生成が辛(から)いとこもあります。

私は諭吉課金していますが、未だに完成系のデッキがありません。

5種族のうち3種族を切ってもです。1パック5枚封入です。天井はありません。暗部。

まとめ

新しくリリースされたドラゴンクエストライバルズ。こちらにも暗部は出てくるのでしょう。

私が知らないだけで影で暗躍しているかもしれません。影の国…あっ!

暗部がいないカードゲームはこの世に存在しません。必要悪ともいいます。

暗部に勝つことを目指すもよし。手なずけるもよし。

ただコレだけは言わせて。

お願いだからパック購入にはどのカードゲームも最上級レアリティが引ける天井を設けてくれ。

最後までお読みいただきありがとうございます。

『ドラクエライバルズ』安価トルネコウイニー『最大☆1』

【DMM.com 電子書籍】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。