『DXM』アテナ・グレモリー『コンボ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やしちです。

今回はオリンポスの対コントロールに向けたコンボの紹介。

コントロールを意識するコンボ

コントロール(ルクソール)に絡まれそのたびに「このゲームはコントロールが覇権を握っている」ことを実感していました。

事実、ルクソールは安定していて使用者も多いです。

Sランクは大体ルクソール。オリンポス、イズモは付け入る隙がありません。

回復と攻撃を一手で打てる充実したドレイン。

なかにはユニットでありながら除去、ドレイン、ドローを兼ね備えたカードもあります。

書いている今もちょっと良くわかりません。

仮に除去仕切れなくてもドレインとドローされるだけでアドバンテージは凄まじいものがあります。

そのカードとは「測定神 セシャト」。全ビートダウンがむせび泣くカードです。

 

どうにかルクソールに一泡吹かせるコンボはないかと思い、ここ数日考えていました。

そこで出会ったのが「魔淑女 グレモリー」と「英智神 アテナ」です。

魔淑女 グレモリー

場に出たとき自身のコピーを2体場に出す3コストのニュートラルユニット。

フルスポイラーをみて「こいつは段違いに強い(レジェンダリーは除く)」という印象を受けました。

しかし、今ひとつ使い道が見出せなかった。ポテンシャルの高さはわかる。でも生かせないこの歯がゆさ。

様々なカードゲームで面白、ガチ、コンセプト、コンボなどのビルドを15年以上行ってきた経験を総動員です。

でもなかなか思いつかない。2日考えました。ドラクエライバルズを放って考えました。

それどころじゃねぇんだよ!負けたくねぇんだよ!

当初、2枚作った「暗夜神 ニュクス」を中心にデッキを考えていました。

無理!グレモリーとニュクスの2枚は噛み合わない。そこで今回とりあえず一度取っ払って、ゼロから考えました。

英智神 アテナ

デュエルエクスマキナをプレイしている人なら必ず使ったことがある「英智神 アテナ」。

最初の出会いがアテナでなければこのカードゲームをここまで真剣にプレイしていません。

ハデスとかだったらそっとアンインストールです。ぼくらの、面白いよね。

コンボ概要

7マナ貯まったらコンボをにらみます。

ルクソールの全体除去「セクメトの殺戮」は6コスト。これが飛んできた返しに打ちます。

セクメトの殺戮は相手の場のユニットにも効果が及ぶため、文字通り更地になります。

ここ!ここが数少ない隙!こっちも必死だけど相手も必死!(たぶん)

まず前列に「魔淑女 グレモリー」を最初に出します。

次、後列に「英智神 アテナ」を召還します。すると、グレモリー3体が速攻を得ます。

6点ダメージがほぼ決まります。

出来ることならここまでにライフを1桁にしておきたい。

本当の勝負は次のターン!

勝負は8ターン目。というのも9ターン目には「大気神 アモン」がきます。必ずきます。

これが来たらもう無理。逆転不可能。

だから8ターン目に勝負をつけなければなりません。

8マナの得点方法。それは次回。たぶん。

最後までお読みいただきありがとうございます。

『DXM』メフィスト考察『ニュートラル vol.2』

【DMM.com 電子書籍】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。